5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

タグ:KW環礁沖海域

1、編成
とりあえずの6-5編成での自分の答えがでました。コンセプトは
★道中安定の為のCマスヲ改徹底対策
★ボスマスで強編成をひいた時でも航空優勢
の二点で、それさえ抑えられれば戦1装空2は高い突破率を得られると考えました
1-5 c
1-5 b
デッキビルダーより。制空値は373-376。艦攻は二つのみで比較的大きなスロットなので
熟練度の低下による影響は少ないです
1-5 b
1-5 b
これらの説明は下で行います

2、基地航空隊を使ったエアコントロールと編成の意味

本隊制空値373で、Cマスにおいては制空権確保(要制空値396↑)と、ボスマスでは
ラスダン&強編成航空優勢(要制空値468↑)をクリアします。
65
※ただし基地航空隊の航空戦のみ索敵機も制空に関わるので若干上昇します(具体的数値不明)

もちろんそのままでは制空値が足りないので、
第一基地航空隊制空値126 第二基地航空隊制空値110未満を使い
敵航空機削りを行って実現させます。制空値の流れは以下のようなモデルを考えています
1
上図の説明
①第二基地航空隊がCマスの制空値を削る+攻撃
②第二基地航空隊で削られたCマスにて本隊が制空権確保
③第一基地航空隊の集中+第二基地航空隊の2出撃目でボスマスの制空値を削る+攻撃
④削られたボスマスにて本隊が航空優勢をとる

基地航空隊の制空値ポイントは「Cマス均衡(89↑)」「ボスマス劣勢(105↑)以上」です
第二基地航空隊は元から制空値が110未満であることが多く、かつCマスにて削られるので
ボスマス到着時に制空値が105残っていないと思いますが、第一基地航空隊にてボスマス
の制空値を先に削っているので問題はありません。
この流れをつくるために第一基地航空隊ではなく、第二基地航空隊を使ってCマスに分散
攻撃を行いました
追記 基地航空隊の航空戦のみ敵索敵機も制空値に関わるので、実際には索敵機分のみ
少しだけ要求制空値が上がります。忘れていました。この編成ならその分はカバーできて
いるかと思われます。

★Cマスヲ改対策
1-5 b
上で説明した方法による制空権確保に加えて
秋月+摩耶によるW対空スペシャル(両者とも夜戦連撃装備)
それに加えて徹甲弾持ちの大和を旗艦に配置しました
Cマスは敵が輪形陣なので二巡目で旗艦だけが残るケースが多く、その状況になった場合
ヲ改に先行する旗艦は一番頼りになる艦を配置すべきです。ボスマス夜戦にても同様の
ことが言えます。徹甲弾ならヲ改の装甲にそれなりの貫通力がある上、旗艦は連撃発生率
が随伴艦よりも上がります。対空も高めな大和が適任です。
航巡や戦艦への水上戦闘機搭載も一時は考えましたが、基地航空隊を分散してCマスに
送ることで五航戦+航巡水戦なしでのCマス制空権確保が安定させられました。
10出撃行いましたが、10出撃とも制空権確保できています
1-5 b
それから秋月+摩耶+制空権確保の効果ですが結構ヲ改を棒立ちにさせれました
10出撃中、ヲ改に砲撃戦で攻撃されたのは2出撃で3回のみです
●2出撃は、ヲ改行動前にヲ改を中破以上にしました
●2出撃は、ヲ改に攻撃されました(1巡目のみ×1、2巡目も×1)
●残りの6出撃は制空確保+対空砲火でヲ改の艦載機を全て撃ち落とせました

10出撃のみななので実際の確率は分かりませんが、かなりヲ改対策効果が見られました

★空母の並び巡
大和の次に五航戦を並べています。夜戦ではやや問題ですが
ボスマス夜戦では残ってボス+ヲ級×1くらいなので(ほとんどボス単体)、それなら昼戦を
強化ということでこの並びにしています

★ボスマス
1-5 b
今回はボスマスで弱編成(要求制空値が低いほう)ばかり引いて
ボスマス強編成でも計算通り航空優勢が安定するのかは分かりませんが、
Gマス(空襲マス)→ボスマスと二連続で強編成の一番ハードなひきをした時でも
上のように航空優勢がとれることは確認できました。基地航空隊による敵撃墜にはブレが
あるのでこれが安定してくれるかは分かりませんが、10出撃の範囲内では
全てこちらの意図通りの結果を得ました。
基地航空隊を1隊Cマスに回した不安もありますが到達した8回全てS勝利がとれているので
火力不足ということはないと思います。

ちなみにヲ改程ではないもののボスの空母おばさんも結構棒立ちにさせれました
空母おばさんが行動前に中破になってしまい、確認できなかったケースもありますが
確認できたうちではボスマス8到達中、5回も空母おばさんの艦載機が枯れました

3、結果
1
以上です。

1、編成とコンセプト
3回目
空母って強いから空母3で行ってみようという安易な考えです
同じ編成で10出撃行いデータをとりました
3回目
触接はある程度を確保して、制空値は熟練度Maxで407-412くらいです
ツ級がいる海域なので実際には上の画像のように艦攻の熟練度があちこち
低下した状態での周回になります
65
目安はCヲ改マスにて制空権確保(396-)で、熟練度が完全ではないことを前提に
制空値設定をしています。こんなもんで安定して確保はできました。

2、結果

大破進軍はなしです
10出撃、ボスマス到着7回、うち旗艦撃破3回でした
結論から言うと戦1空2の方がいいと考えました
3回目

3、考察

問題点や気付いたことについて書きます

★Cマスのヲ改編成がやはり難関

6-5のゲージ破壊をした時は運よく?6出撃中1度しか大破にはならなかったですが
Cマスは制空権確保でも厄介なことがわかりました
具体的に言うとヲ改とかヲ改とかヲ改とかフラ戦ですね
3回目
空母 重巡 駆逐 雷巡 空母 空母 という変な並びの説明もここでします
まず、空3編成ではCマスが唯一砲撃戦が二巡する場所です
旗艦から順番に行動する場面はCマスとボス夜戦にしかありません
通常なら空母を3人とも下に並べてボス夜戦に備えたいところですが、そうすると
Cマス砲撃戦二巡目でこちらの空母よりも先にヲ改が動いてしまいます
敵は輪形陣なのでヲ改だけが二巡目で残っているパターンが発生しやすいです
空母を除けば利根が最大の火力ですが、ヲ改の無力化には心許ないです
結局、この編成でヲ改を無力化するには空母が必要で、ヲ改は最大の道中撤退要因なので
苦しながらも空母を旗艦に置いたわけです。その分はボスマス夜戦で払うことになります
この点からすると旗艦に徹甲弾つきの戦艦を配置できるのは理想的です
一応、ヲ改の艦載機が枯れることもありました(制空権確保+秋月対空カットイン)
ただし、安定はしないので期待はできません。ヲ改は通常、攻撃してきます

★ボスマスでの火力不足

5-5でもオール空母の空6編成とかがありますが、5-5はこちらが戦艦を用意しなくても
二巡してくれます。こちらは一巡のみなので圧倒的に手数が不足します。
さらに空3という状況が夜戦火力不足も起こし、ボスを撃ち損じる確率が戦艦入り編成より
ずっと上がります。ボス戦7回中、旗艦撃破3回、S勝利1回でした
戦1空2の時は撃ち漏らしはなかったのですが

★Gマスとボスマスの制空状態
ボスマス本隊とボスマス前の航空戦マス(Gマス)はどちらも同じ制空値のパターン
になります。(ただしGマスとボスマス編成は独立してランダム)
Gマスの方は航空戦をやって終了するだけです。
制空値が高いパターンは優勢に468必要で、低いパターンは314で優勢がとれます
私は随伴の駆逐艦を見極めに使用していて
駆逐艦が横に幅広だと低制空値の当たり編成で
駆逐艦が縦に長細いと高制空値の外れ編成と覚えています
5
だからこの編成だとGマスにて縦長駆逐をひくと拮抗、横長駆逐をとると優勢になります
縦長駆逐からもGマスで優勢をとるには制空値が道中分を考えて485は必要です
ボスマスでは縦長駆逐でも、基地航空隊による削りがあるので安定して優勢になります
でも優勢が安定しても戦艦がいないと旨み少ないんですよね。
当たり編成をGマス→ボスマスとひいて基地航空隊もそれなりに働けば、ボスマスにて
制空権確保も見られます
5
当たり編成でも制空権確保には627必要になる計算なので、基地航空隊でかなり
削ってくれていることになります

★基地航空隊
5
その基地航空隊ですがこんな感じでした

ただし、今の状態だと陸航×4でもいいとも思います
バグか仕様かは分かりませんが、基地航空隊がボスマスで敵対空砲火(st2)の影響を
受けていないみたいです
敵連合艦隊という初実装のシステム周りに複数特殊な状況が発生しています
この状況が修正されたら艦戦を混ぜて、放置のままなら陸攻ガン積みか
烈風×1で航空劣勢で十分だと思います

★今のところ
本隊が戦1空2で、基地航空隊は陸攻ガン積みor烈風×1あたりが正解です

追記(10/10)
編成を改良しました


追記(10/7)

日本版のwikiの制空値を信じた場合の制空値表は以下のようになります
間違っていたらごめんね。これまだ暫定版なものです
65
★基地航空隊の第一波はボスマスパターンAなら烈風系×2+陸攻で拮抗
   パターンBやラスダン時の第一波に拮抗が欲しければ烈風系×3が必要
   ただし、攻撃機が少なくなるので第一航空隊といえども烈風系に3機がアリかは疑問
   敵制空値が固定される最終編成なら3機入れていいかも
★比較的熟練度が維持しやすいので基地航空隊の制空値を最低105にして劣勢以上
   でもいいと思うが、その場合には敵航空機を削れずないので本隊の航空優勢が
   難しくなる
★基地航空隊1隊でのラスダン時防空は拮抗まで。優勢は現航空機ではとれない
======================ここまで追記

1
簡単なボーナス海域です。5-5よりずっと楽です
実装直後ということもあり、詳細がわからず詰められていませんが下記の編成で余裕でした

1、編成と制空状態

1a
1
これ以上艦攻を増やすとボスマスが航空拮抗となりました。ここいらが優勢のラインかな
基地航空隊により艦戦を多く積めばまた状況もかわると思いますが
火力はこの編成で十分あります。余裕がかなりありました

2、基地航空隊

12
第一第二基地航空隊はこんな感じです。
相手の制空値がわからないのでとりあえずテキトーに
123
12
800円しますが、課金で開く第三基地航空隊を使った防空が可能です
第三基地航空隊は出撃が出来ないので防空専従部隊となります。800円で被害が減ります
(艦これは商業)
12
防空隊の編成は上のようになります。雷電の二つ目を持っている人は使いましょう
防空隊や基地航空隊の制空値については下の記事を見てください


3、ボスマス
1-5 b
深海側が連合艦隊を組んできて、面食らいますが
強そうなのは見た目だけで、その実は雑魚の集団になっています
基地航空隊の空襲もボスに当たれば一発で250↑とかダメージを与えたりするので
集中すれば基地航空隊だけでボスを沈めることも出来ます
6撃破でゲージ破壊ができます

4、結果

適当な編成でしたが6出撃6S勝利でした。道中大破からの大破進軍が1回です
美味しい海域なのでゲージは毎月壊しましょう。以下6出撃全ての昼戦終了時の様子を
貼ります。この海域が見た目だけで簡単なことがわかると思います。
1出撃目
1-5 b
2出撃目
2s
3出撃目
3回目
4出撃目
4回目
5出撃目
5回目
6出撃目
6回目

↑このページのトップヘ