1、局地戦闘機
局地戦闘機の実質的な対空値が「出撃時」と「防空時」とで計算の仕方が違っており
出撃時は迎撃の、防空時は迎撃に加えて対爆の影響があることが式で求められる
ようになりました(今までは防空時の計算式がわからなかった)
具体的には出撃任務と防空任務で以下のような強さになります
1-5 a
雷電は出撃には全く使えませんが、防空では飛燕(244戦隊)に次ぐ能力です
飛燕(244戦隊)は行動半径4にさえ目をつぶれば、出撃でも防空でも超有能です
また防空時には彩雲を積むことで総制空値×1.3倍が補正としてかけられることが
わかりました。なので防空時の有効な配置として防空時対空が強い奴×3+彩雲が
最適だと現在考えられています。
彩雲以外の索敵機にも制空値に乗算補正がかかりますが、選択として彩雲が無難です

出撃時対空防空時対空とを搭載数18のスロットで計算した
各中隊ごとの制空値は以下のようになります
艦これ-347
効率がいいと考えられる防空時の編成を作成して実際に制空値を求めてみます
1-3
現在進行形で検証されている方が悩んでいる部分もありますので
乗算する値だとか、位置だとかの正確な部分はわかりませんが、だいたいこんな感じで
大きな間違いはないだろう。という推測です。
間違っていたりしたらツッコミください

雷電の2機目が秋イベできたので今は普通に組むほうが強いです
1-5 b
↑訂正
この場合、飛燕一型丁を彩雲と交換したほうが制空値が高かったです(403)
とご指摘を頂きました。申し訳ありません。雷電の3機目がこないとまだ
彩雲の出番は残りますね。


2、陸上攻撃機 
1-4
単純な強さなら銀河>>野中隊>三四型>二二型>一式陸攻>>九六式陸攻>>>艦載機
くらいの序列です。
しかし三四型は戦闘行動半径が8と、他の一式陸攻よりも短いので、今回のE4のように
ボスマスまで距離が9ある展開だとついていけない場合があります。
一方で、二二型は戦闘行動半径が10もあり、抜き出ていますが現状随伴できるまともな
航空機が存在しないため、距離が10になると二式大艇(半径+3)やCatalinia(半径+2)
を加えることが避けられなくなります。となると二二型じゃなくてもいいじゃんという
ことになり、二二型の半径10が生きる展開が来るかは怪しいところであります。

とりあえず銀河は最強です。大事に扱ってあげてください。