5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

タグ:岩本隊

新しく加わった艦戦に最適化した5-4空母編成例です
制空権がとれるよう鬼鬼編成+15の363以上を目安に組んでいます

★雲龍型×3
1
★制空 366
雲龍改 ★火力 176、射程長
葛城改 ★火力 171、射程長
天城改 ★火力 143、T不利回避
低燃費でバランスのよいお勧めの組み合わせ。岩本隊のおかげで
艦攻がもうひとつのるようになった

★新五航戦
2
★制空 364
翔鶴甲 ★火力 203
瑞鶴甲 ★火力 191
瑞鶴の4スロ目は全滅こそしないが熟練度が低下することがある

★一航戦
3
★制空 369
赤木改 ★火力 172
加賀改 ★火力 166

★二航戦
4
★制空 381
飛龍2 ★火力172、T不利回避
蒼龍2 ★火力163
飛龍の彩雲は整備員でもいいとおもう

★大鳳+ちとちよ
5
★制空 366
大鳳改 ★火力181、射程長
千歳2 ★火力148
千代2 ★火力146、T不利回避
ちとちよに同行キャップに近い火力をもたせて彩雲ものせいているので
安定している

★新五航戦+雲龍型
6
★制空 364
瑞鶴甲 ★火力209、射程長
翔鶴甲 ★火力202
葛城改 ★火力163、T不利回避

★瑞鶴甲+千歳型+瑞鳳or祥鳳
7
★制空 363
瑞鶴甲 ★火力212、射程長
千歳2 ★火力143
瑞鳳改 ★火力123、T不利回避
瑞鳳と祥鳳は同型なのでどちらでも。軽空母組の火力はイマイチ

新たに加わった瑞鶴改二、岩田隊を組み込んだ戦1航5の新編成です
十分に強いので支援、キラは使っておりません。不要です
支援キラ無しでもボス戦は全て昼で終了しています
もう毎月の5-5で面倒な準備をするのはやめましょう
2

今月の実践記録
一週あたりの燃費 油-372 弾-375
全消費資材 油-6137 弾-2727 鋼-6463 ボ-4325(修理費含む)
      バケツ-23(バケツはダメが10以上なら微ダメでもぶっかけ)
出撃回数 8回、E風3回、残りは全部ボス昼撃破
       うち3戦目からの大破進軍1回、ダメコンの使用は無し

E風が3回吹きましたがE風を抜けばストレートでの攻略です
ダメコンを入れていない場合、撤退が一回必要でした

1
2戦目のヲ改編成で制空をとるのが目標でボスでは優勢に抑えます
目標制空値はヲ改に制空をとる513に道中撃墜+20を加えた533ですが
制空値569を確保しています
艦攻の熟練度が全て初期化しても制空値536とヲ改で制空をとれるくらい
余裕があるのである程度艦載機が足りなくても問題ないと思います

1、ビス3 私製46 38改 夜偵 91式
2、翔鶴甲 天山村田 97友永 流星改 52熟練
3、瑞鶴甲 天山村田 97友永 流星改 二式偵察
4、大鳳改 天山友永 流星601 烈風601 21熟練
5、飛龍2 流星601 53岩本 流星601 彩雲
6、加賀改 流星601 烈風601 烈風改 52岩井
今のところ岩井隊は爆戦に機種変換する必要を感じないので52丙のまま運用しています
数少ない烈風の上位互換ですし

★熟練度の低下
3
今回、翔鶴の3スロ(12機)で全滅が一回
    飛龍の1スロ(18機)で一段階の低下が一回
の2回発生しました。翔鶴は別の熟練流星改と交換し飛龍の一段階の低下は
ほっておいたら、いつの間にか熟練度maxまで戻っていました
翔鶴と瑞鶴の3スロ目は全滅することもあって替えの効く流星改にしています
替えの熟練流星改がある人は全滅したら交換しましょう
一段階程度の低下であれば気にする必要はありません

以下、周回の詳細
1 E風 ボーキ -340
バケツ1 瑞鶴中破195 366 

2 昼戦勝利 ボーキ-700
バケツ3 飛龍小破51 96大鳳微ダメ28 54ビス子微ダメ38 72

3 E風 ボーキ-440
バケツ2 翔鶴大破217 408大鳳微ダメ37 70加賀中破158 297

4 昼戦勝利 ボーキ-590
バケツ3 加賀大破212 398大鳳中破146 275瑞鶴小破89 168
加賀大破進撃ダメコン消費なし
5 昼戦勝利 ボーキ-680
バケツ4 瑞鶴大破275 516加賀大破174 326ビス子126 237翔鶴小破86 162
翔鶴3スロ全滅、飛龍1スロ一段階低下
6 昼戦勝利 ボーキ-550
バケツ3 瑞鶴大破265 498大鳳中破155 298加賀中破151 283
7 E風 ボーキ-335
バケツ4 大鳳小破109 205瑞鶴小破121 228ビス子微ダメ80 151飛龍微ダメ38 71
8 昼戦勝利 ボーキ-690
バケツ3 瑞鶴大破256 480ビス子中破193 363加賀51 96
残り小破以下艦修理費 飛龍80 151大鳳103 194

↑このページのトップヘ