5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

タグ:変動ボーナス

対空カットインのページを2つに割りました。こちらは対空カットインに関する予備知識
のページです。従来の対空カットイン一覧は↓


1、汎用カットインと特殊カットイン
対空カットインにはどの艦でも使える汎用カットイン
特定の艦のみが使える特殊カットインとが存在します。特殊カットインをもつ艦は
現在、皐月改二、霞改二乙、摩耶改二、五十鈴改二、秋月型改、鬼怒改二です
特殊カットイン艦が汎用カットインを使うこともできます

2、カットインで使う装備
カットインで組み合わされる装備として下のようなものがあります
1
加重対空値=割合撃墜と固定撃墜に関係します。個艦のみの性能になります。
艦隊対空ボーナス=固定撃墜に関係し、艦隊全体で合算して共有されます。
現在の防空の主流は改修高角砲や電探を使用した艦隊対空ボーナスを稼ぐ方法です
割合撃墜や固定撃墜など防空に関する説明は下の記事に書きました


3、特殊機銃と高角砲+高射装置
「特殊機銃」と「高角砲+高射装置」という種類の装備はそれぞれ「機銃」「高角砲」の
なかの一部と考えられます。
2
上の図のような関係で、「機銃」と言われれば「特殊機銃」を含めた機銃全てが使えます。
一方で「特殊機銃」と指定された場合、通常の機銃は使用できません。
「高角砲」と「高角砲+高射装置」にも原則的に同様の関係が成立しています。
ただし、11/4に追加された鬼怒の特殊カットインでは「高角砲+高射装置ではない高角砲」
が指定されており、例外的な扱いとなっています。

4、秋月砲とワイン砲(90mm単装高角砲)の違い
どちらも「高角砲+高射装置」のカテゴリですが、秋月砲は主砲でワイン砲は副砲です。
1-6 j
なので秋月砲が絡む場合は昼戦連撃が可能ですが、ワイン砲ではできません。
ワイン砲で昼弾着をしたい場合は、主副カットインか主副電カットインを使います。
当然、主砲と副砲で夜戦も異なってきます。

5、固定ボーナスと変動ボーナス
対空カットインには種類に応じた「固定ボーナス」と「変動ボーナス」があります
7
固定ボーナスは対空カットイン発動で100%つきます
変動ボーナスは対空カットイン発動前の固定撃墜の発生が条件となります。なので
敵艦載機スロットごとに、対空カットイン発動時の変動ボーナス発生率は50%となります。
秋月や摩耶の特殊カットインがこれらのボーナス値が高くなっています。

6、カットインの優先順位
カットイン発動が複数の艦で重なった場合、優先順位判定が行われ一艦だけが発動します
この時、必ずしも強い対空カットイン艦が選ばれるわけではありません。
むしろ強い対空カットイン艦の優先順位は低い傾向にあります。秋月型は最底辺です
11
なので、秋月や摩耶と皐月、鬼怒などを同時に運用する場合は
皐月や鬼怒の弱い対空カットインに秋月や摩耶が食われないよう注意します。

7、カットインをわざとはずす戦術
弱いカットイン艦が強いカットイン艦を食ってしまわないようにわざとカットインをさせなく
したりします。具体的には下のように特殊機銃を外したりします。
1-6 j
特に皐月や鬼怒は特殊機銃一本で対空カットインが発動する(してしまう)ので、
補強増設を開いている場合は注意が必要です。

8、汎用カットインも使える

秋月摩耶の対空カットインの優秀さに目が行きがちですが
高角砲+高射装置×2/対空電探タイプの汎用カットインも優秀です
1-6 j
高角砲+高射装置も対空電探も改修で艦隊対空ボーナスが伸びるところが
現在主流の防空理論と合致する上、一部艦(大淀夕張コマンダンテスト鹿島香取等)
は秋月砲×3+対空電探という秋月摩耶にも勝る大量の艦隊対空ボーナスを稼ぐことが
できるので、敢えて秋月摩耶を採用せずに汎用対空カットイン艦を並べる戦術もあります。

9、カットインの発動率
カットインごとに発動率に差があると考えられています。
検証wikiにてデータが見られるのでそちらをご覧ください
http://ja.kancolle.wikia.com/wiki/%E5%AF%BE%E7%A9%BA%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%B3

付録

1

11

1、秋月改、照月改、初月改(特殊カットイン)
1-1
①、高角砲/高角砲 ★固定ボーナス4★変動ボーナス1.6
②、高角砲/対空電探 ★固定ボーナス6★変動ボーナス1.7
③、高角砲/高角砲/対空電探 ★固定ボーナス7
★変動ボーナス1.7

秋月型は基本的に③の高角砲/高角砲/電探が使われています。
このパターンの対空カットインは摩耶に次ぐ強力なものです。
それには劣りますが、スロット2個分でのカットインも可能です。
最近のイベントでは道中の対潜能力も重視されてきているので④のように
高角砲×2の夜戦連撃対空カットイン型+ソナーのような使い方も出てきました
ケッコンをして練度を限界まで高めれば四式ソナー一つでの先制対潜攻撃も出来そうですね
★補強増設秋月 装備例
1-6 j
補強増設への機銃装備はどちらかというと防空の穴を埋める役割のほうが大きいので
元から防空の高い秋月型にはそれほど大きな効果は望めません。
もちろん割合撃墜の増加は認められますが、固定撃墜の方はオーバーキル気味です。
秋月型に機銃を積む場合ですが、多くの人が上の図のように装備状況になっていると
思います。この場合、秋月砲2本と13号改で艦隊対空ボーナスが32.3の状態になるので
艦隊対空ボーナスの端数が0.7以上となる機銃を選択すると切り捨て計算のときに
僅かに有利になります。まぁ誤差のような有利なので気にするほどではないですが

2、摩耶改二(特殊カットイン)
1-6 j 2
①、高角砲/特殊機銃 ★固定ボーナス6 ★変動ボーナス1.5
②、高角砲/特殊機銃/対空電探 ★固定
ボーナス8 ★変動ボーナス1.65
摩耶の特殊カットインは①②の二種類です。基本的に②の強い方の対空CIを用います。
④が②を用いた最もオーソドックスな装備例で、改修高角砲で艦隊対空ボーナスを稼ぐ型
となっています。
例外的に、①の弱い方の対空CIを主副昼戦カットインと併用する③のような使い方
もありますが、補強増設の追加した場合は不要になります。
★補強増設摩耶 装備例
1-6 j
補強増設への機銃搭載可で摩耶は実質的に5スロへ、超強化されました。
どの型も強対空CIの②、高角砲/特殊機銃/対空電探を入れた装備編成となります。
⑤強対空CIと昼戦主副電探カットインの併用例です。バランスがいい型です。
⑥強対空CIと魚雷CIの併用です。Wカットイン摩耶は以前も存在していましたが、
弱対空CIとの併用になっていました。補強増設の強化で最高のWカットインが可能
になりました。運改修の候補へ
⑦強対空CIに加えて、改修高角砲で艦隊対空ボーナスを稼ぎまくる対空超特化型
イージス摩耶です。改修ワイン砲×3が必要条件となっています。
⑧三式弾を装備して対地もこなす摩耶です。3-5ほっぽとか、4-5とか。
あとはイベントでの活躍に機体です。

3、五十鈴改二(特殊カットイン)
1-3
①、高角砲/機銃 ★固定ボーナス3
②、高角砲/機銃/対空電探 ★固定ボーナス4

固定撃墜ボーナスは今一つですが専用カットインを持ちます。
②のように対空カットイン専用艦にしてもいいですが、防空艦としての能力は
摩耶や秋月に劣るので、③のように対潜処理と併用させたり、④のように主砲を加えて
主副夜戦連撃仕様としてもいいです。
★補強増設五十鈴 装備例
1-6 j
①対空+魚雷のWカットイン型です。
②五十鈴の強カットイン+対潜型です。ソナーを主砲か副砲に交換で夜戦連撃型へ。

4、霞改二乙(特殊カットイン)
1-3
①、高角砲/機銃 ★固定ボーナス2
②、高角砲/機銃/対空電探 ★固定ボーナス4

大型電探を載せられるのは霞改二乙だけの特権ですが、それを含めて考えても
対空能力的には秋月型に劣ります
劣化秋月に留まらない使用方法としては③主砲(高角砲)/主砲/機銃のように
夜戦連撃との併用や、素の状態で37もある高い運を利用した④主砲(高角砲)/魚雷/機銃
の主魚カットイン型があります。
★補強増設霞 装備例
1-6 j
特殊機銃が対空カットインにからむ艦は軒並み強化されています。
①対空+魚雷のWカットインです。
②対空+主砲のWカットインです。鬼のように艦隊対空ボーナスを稼げます(秋月以上)

5、皐月改二(特殊カットイン)
1-3
①、特殊機銃 ★固定ボーナス2
たった1枠で対空カットインをする皐月改二の専用カットインです。
威力は低いですが1枠しか使わないので、対潜シナジーとの併用や
魚雷カットインとの併用が出来るのが強みです。
問題は対空カットインの性能が無いよりはマシなレベルで、かつ優先順位的に
秋月や摩耶の対空カットインを食ってしまう点です。

6、鬼怒改二(特殊カットイン)
1-5 b
①、特殊機銃 ★固定ボーナス3
②、特殊機銃/高角砲(高角砲+高射装置不可) ★固定ボーナス5

鬼怒改二の特殊カットインで高角砲+高射装置ではない高角砲を初めて要求されました
候補は10.5cm連装砲などになります。鬼怒改二は大発内蔵が最大の特徴です。
阿武隈のように戦える艦ではなく、遠征がメインとなりそうですが、軽巡の防空艦としても
そこそこ優秀です。使い方は③のように副砲連撃や、イベントの輸送マップでは④のように
使うこともできます。
注意点として、対空カットインの優先順位が一番なので、他の対空カットイン艦と艦隊を
つくると、相手の対空カットインを食ってしまう場合があります。
対空カットイン艦としての鬼怒の性能は決して高くはありません。
★補強増設鬼怒 装備例
1-6 j
対空カットインに特殊機銃が絡む鬼怒も補強増設で大きく強化された一人です。
①のように特殊機銃1本だけの弱カットインに昼戦連撃を組み合わせるか
もしくは、②のように対空と魚雷のWカットインにさせるか。
実際の運用では役割分担から大発やソナーをのっけることのほうが多そうですが。

7、戦艦、航空戦艦用 汎用カットイン
戦艦や航空戦艦という艦種に限定したカットインです。
1-6 j
①、大口径主砲/三式弾/高射装置 ★固定ボーナス4
②、大口径主砲/三式弾/高射装置/対空電探 固定ボーナス ★固定ボーナス6

戦艦、航空戦艦専用の対空カットインを用いる場合、昼戦で着弾観測の恩恵を受けることは
できません。昼戦での弾着観測と対空カットインを両立したい場合には汎用カットイン
③や④のような装備にします。

8、全ての水上艦に使える 汎用カットイン
一般的な駆逐、軽巡、重巡だけでなく上で紹介した戦艦、航空戦艦
練習艦、水上機母艦、空母などなど全ての水上艦に共通する汎用カットインです。
もちろん秋月や摩耶などといった特殊カットインを持つ艦もこの汎用カットインを使えます。
装備によっては数種類のカットイン発動が重なることもありますが、
その場合には優先度の高い方のカットインが選択されます。
1-6 j
①、高角砲+高射装置×2/対空電探 ★固定ボーナス4★変動ボーナス1.5
②、高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4★変動ボーナス1.4
③、高角砲/高射装置/対空電探 ★固定ボーナス3★変動ボーナス1.35
④、高角砲/高射装置 ★固定ボーナス2★変動ボーナス1.3
⑤、
特殊機銃/機銃/対空電探 ★固定ボーナス3★変動ボーナス1.25
艦隊対空ボーナスの点やその他の点からも考えて最も実用的な汎用カットインは
①、高角砲+高射装置×2/対空電探 ★固定ボーナス4★変動ボーナス1.5です。


9、汎用カットインのみだが、昼戦連撃と併用できる特殊艦
1-3
10cm連装高角砲+高射装置/主砲/水上機/対空電探
対空カットインと昼戦連撃の組み合わせは現在、大淀、鹿島、香取のみ可能です。
高角砲+高射装置のうち副砲じゃなく主砲判定されているのが秋月砲のみであり
秋月砲を搭載できて、スロットが4つあり、水上機を載せられる艦がこれ以外にないからです。
追記 コマンダンテスト、補強増設追加の鬼怒等も現在では可能です
★特殊艦の真の価値

1-6 j
昼戦連撃と対空カットインの併用に目が向きやすいですが、これらの艦の対空面での
真の価値は「秋月砲」がのせれて「4スロ」も使えることにあります。
対空カットインの質を除けば、艦隊対空ボーナスを稼げる分、
防空能力は秋月、摩耶に勝ります。


10、汎用カットインを用いた駆逐艦 装備例
1-3
①、高角砲+高射装置/高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4
②、高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4
無難に①で劣化秋月をするか、②のような主魚カットイン併用もあります

11、汎用カットインを用いた軽巡洋艦 装備例
1-3
①、高角砲+高射装置/高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4
②、秋月砲/対空電探 ★固定ボーナス4
①は副砲×2による夜戦連撃仕様です。5inch連装砲って存在感薄いですが
かなり強いと思いますよ。
②は主魚カットイン仕様です。このため、高角砲+高射装置の部分は秋月砲しか
使えません。(秋月砲以外は副砲判定)
1-3
③④、高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4
先制雷撃対空艦という可能性です。雷巡の中で最も対空値が高いのが木曽です。

12、汎用カットインを用いた重(航)巡洋艦 装備例
1-3
①、高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4
②、高角砲+高射装置/対空電探 ★固定ボーナス4
③、高角砲+高射装置/高角砲+高射装置/対空電探/高射装置
①は昼戦電探カットイン、②は夜戦魚雷カットインが使えます。使っている対空カットインは
どちらも同じです。
③は複数の対空カットインが折り重なった対空スペシャルです。
本来これって摩耶の仕事です。

13、追記(11/26)汎用カットインを用いたコマンダンテスト装備例
1-6 j
①10cm連装高角砲+高射装置/10cm連装高角砲+高射装置/水上機/対空電探
②10cm連装高角砲+高射装置/副砲/水上機/対空電探
①は昼戦連撃と対空カットインの併用
②は電探カットイン主副カットインと対空カットインの三種混合です

14、汎用カットインを使ったその他 装備例
1-3
①まあ演習入れるのはありかと思います
②これで夜戦火力もアップとか正気じゃないですね
③絶対に使わないでください

↑このページのトップヘ