今月からボーキ消費量とその他の資源効率の関係に焦点を絞って追うことにしたので
ここいらで少し5-4のボーキ消費について分かっていることを整理します

まず、5-4制空権確保下のボーキ消費量はスロットの搭載数18を境に上昇します
これ以下のスロットは全て横ばいです。6スロも16スロも計算上消費量は変わりません
6~16スロットの艦戦の平均被撃墜数=0(ボーキ消費0)
6~16スロットの艦攻の平均被撃墜数=2.10(ボーキ消費10.5)
18スロットの艦戦の平均被撃墜数=0.21(ボーキ消費1.05)
18スロットの艦攻の平均被撃墜数=2.28(ボーキ消費11.40)
18スロットの時点でわずかな上昇が見られますが18→20の上昇に比べれば
16→18の上昇は僅かなものだということがわかります
これは被撃墜数上昇の変曲点が18スロットの僅かに手前にあるからです
なので、18スロットを攻撃力/ボーキ消費もしくわ制空力/ボーキ消費の比の
最大効率スロットとして考えることを基本とします

18以降のスロットは下の図のように増加していきます
これは実際に周回した際のデータを集めて平均をプロットしたものです
平均被撃墜数やボーキ消費量は集計したデータの平均値を基に設定しています
個人での収集なので十分な数ではなく、実際はいくらかずれていると思いますが
全体的な傾向はお分かりいただけると思います
3

グラフのデータは現在も暇な時に集計していてスプレッドシートで常に公開しています
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1qPHaDbYqA7OChqoNRBWVQkGN1KhQuCMLoGe-KLjoAjI/edit?usp=sharing

★5-4でのボーキ消費に優れた空母
5-4でボーキを節約する場合、最も理想的なのは全スロット18の空母です
18以外なら、18以下で18に近い搭載数が優れています

たとえば空母A(18.12.12.12)
          と空母B(18.12.6.6)の二種類の空母が存在するなら空母Aが優れています
ボーキ消費量はどちらも変わらないため、空母Bを選ぶメリットは何もないのです

実際は正規空母は全て18より大きなスロットを持ちますが、その場合には
なるべく小さい方が優れています。これは単純なボーキ消費量といった面だけではなく
攻撃力や制空値の上昇といった面とのバランスでもそうです
18から離れるにつれて与えられる性能と消費されるボーキのバランスが悪くなります
2
だからといって、18スロまでしか艦載機を載せないのも、
最低限要求される火力すら不足になるため、お勧めできません
結局、スムーズに5-4を周回できる攻撃力を考えた場合には
大きなスロットにも艦載機を載せる必要があります
18より大きなスロットでもそこそこの大きさで収まってくれたり
他のスロットに搭載数18が存在していれば、低ボーキ用の空母と言う資格はあるでしょう

そもそも18以下のスロットがメインの空母は無改造大鳳を除けば軽空母ばかりなので
18以下のみを考えて空母を揃えた場合は、火力が不足してボーキが節約できても
バケツや鋼材が多く飛ぶことになります


ある程度のバランスを考えながら低ボーキ消費空母を選ぶとすれば以下になります

無改造大鳳、雲龍改、葛城改、天城改、蒼龍改、飛龍改、千歳改二、千代田改二、龍驤改二

中でも無改造大鳳のスロット(18.18.18.7)は理想に近いです
私も春イベが終われば大鳳の2人目を建造したいと考えています

次点では蒼龍改二、飛龍改二、瑞鳳改、祥鳳改、Graf改が挙げられます

二航戦の改二は強いですがボーキ節約となると搭載数35、36のスロットがネックですし
瑞鳳改、祥鳳改はスロットで言えば(18.12.12.6)と千歳千代田改二(24.16.11.8)
よりボーキ節約で優れますが、5-4を周回する上ではケッコンしていても足手まといの弱さです
バケツ消費と大破撤退のもとなので、あまりお勧めできません
Graf改はスロットが(30.13.10.3)と小さなスロットが3つもあるので艦戦を載せたりするのはいいですが
ボーキ消費以外の燃費が性能に対して悪く、また実際に運用する場面では、
結局搭載数30の第一スロットに艦攻を積んだりするしかないことが多く
(その場合平均被撃墜数4.7。18スロの平均被撃墜数の2倍以上)使い方が難しいです

★ボーキ節約方法
最も確実な方法は艦戦を小さなスロットに分散して載せることです
昔から艦これをプレイしている人は艦戦を大きなスロットに並べたがりますが
それは熟練度システム搭載前までの話で、現在、スロットの大小は制空値に大きな影響を
与えません。
熟練度Maxで一様の下駄を履かせてもらえるからです
34c0acfa
具体的にみるとこうなります
現在最大のスロットは加賀の46で2番目が飛龍改二の36なので、ここに1機ずつ烈風を載せたとします
3
するとこうなります。2スロで制空値177を稼げますが、1周あたり平均34のボーキを消費します
この2スロットの烈風だけで34もの消費です。馬鹿になりません
で、私が推奨したいのは こういった場合に艦戦の搭載スロット数を増やして分散させる方法です
たとえばこう使います
3
スロットを1つ多く使うことになりますが、1周あたり34のボーキ節約になります
ただし、下のように大きなスロットを使わずに小さなスロットに分散させて載せる
というやり方は空母2編成の場合、スロット数に余裕がなくほとんど出来ません
私は空母2編成をほとんど使いませんが、その理由は火力不足になることだけでなく
艦載機の搭載に自由が無くなることもあります
場合によっては空母2から3への増加はボーキ消費の節約にも繋がることがあり
空母が増えることと、ボーキ消費量が増えることは必ずしもイコールではありません
空母を増やして大きなスロットに整備員や彩雲を載せるのも節約の為の戦略です

★艦攻の扱い
艦攻は攻撃面とのバランスの兼ね合いがあるので艦戦より複雑です
何度か艦攻に対しても艦戦同様のスロット制限を課してみたことがありますが
極端にボーキ消費を意識した載せ方をすると空母の攻撃力がなくなり
バケツやその他の資源の消費が増えてしまいました
この際の他の増加分がボーキの節約分と比べて割に合うものだったことがないので
艦攻は出来る範囲の節約に収めて極端なボーキ節約を意識した載せ方をしない
という方針で現在は行っています

グラフを見てのとおり18スロット以降の増加分は艦戦とほとんどかわらないので
(計算上20スロット前半までは同じ増加速度、20スロット後半以降は敵の防空艦の選択
によって割合撃墜が生じるので艦戦よりわずかに増加速度が大きくなるが46スロであっても
割合撃墜による平均被撃墜数の増加は1にも満たないというのが予想)

大きなスロットに艦戦を載せないのに艦攻を載せるなんて・・・
と考えるほどのものではないです