5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

タグ:伊401

特二式内火艇は潜水艦に積めます
というわけで対地型型潜水艦をつくってみました
WG42も積むとトマホークのVLSを積んだオハイオ級原子力潜水艦みたいですね
2

使うならここしかないでしょう。4-5のラスダン下ルートにて投入
残念ながらボスマス到着時には大破状態だったのでポテンシャルは定かではありませんが
少なくとも、絶対にボスを砲撃巡の2回で攻撃してくれます
今まで潜水艦が砲撃戦をすることはありませんでしたが特二式内火艇を積んでいて
尚且つ敵に地上目標がいる場合のみ昼戦でも砲撃戦に参加するようになりました

(特二式内火艇は地上目標にしか攻撃しない。地上目標は湾港のみ)
no title

自爆ボートみたいなエフェクトもでます
唯一の地上目標の湾港に向かって飛んでいき、砲撃戦で湾港に二回の割合ダメを
与えました(大破以外の状態で割合以上のダメがでるかは不明)
1

1回目が48、2回目が28のダメージを湾港に与えました。いずれも割合ですが
湾港は耐久が大きいのでそこそこいい値を出します
中途半端に火力を上げて装甲を割ってしまうよりも割合ダメージに徹したほうが
いいかもしれませんね。WG42はいらないかな・・・

48+28=76のダメージは大破した潜水艦のボスに対する削りとしては十分でしょう


つくった特二式内火艇は普段は長距離遠征用の潜水艦にでも突っ込んでおきましょう
3
雀の涙ですがちょびっと増えます(弾薬+1)
no title

次に特二式内火艇を取り出すのは春イベになりそうです

4ー5は5ー5より難しいと言われますが、事実です
4
撤退の繰り返しにならないように最大火力で一気に潰すというのが結論です
大和型を基幹とし、削り時とゲージ破壊時で異なった編成を用いています

★削り編成
2
制空値473 触接率65.3%
1、大和改 46cm 46cm 夜偵 一式徹甲弾
2、利根二 3号砲 3号砲 瑞雲12 三式弾
3、筑摩二 3号砲 3号砲 瑞雲12 三式弾
4、Prin改 SKC SKC 紫雲 三式弾
5、翔鶴甲 烈風改 彗星江草 烈風601 Fw190 ★攻撃力181
6、飛龍二 天山友永 53岩本 烈風601 Bf109 ★攻撃力168

大和型はビス子などより安定感が段違いにあります
4ー5で大和型を使わなければイベント以外にいつ使うのでしょうか
色々な編成を辿った結論が4ー5は大和型をだす海域というものです
戦力の逐次投入まで史実を真似る必要はないのです
翔鶴甲の艦爆はボスの湾港を攻撃せず、随伴艦を狙ってほしいという理由です

★ゲージ破壊時編成
3
制空値281(加賀単艦なので航空優勢まで)
1、大和改 46cm、試製46cm 夜偵 三式弾
2、武蔵改 46cm、試製46cm 観測機 三式弾
3、Italia パスタ砲 パスタ砲 観測機 三式弾
4、Roma改 パスタ砲 パスタ砲 観測機 三式弾
5、401改 三連装(酸素) 試製Fat
6、62岩井 烈風改 53岩本 烈風601 ★攻撃力131

力こそ正義の編成です。ボスまで辿り着けば勝ったも同然でしょう
鬼門の1戦目で大和にカットインがとんできましたが13ダメで耐えてくれました
圧倒的な装甲があるので他の戦艦よりも敵カットインに対して踏ん張れることが多いです
401は囮役です。1戦目の軽巡や駆逐、2戦目の那珂ちゃん、ボスの湾港と攻撃を吸ってくれます
おかげでかなり被弾が減るはずです
他の潜水艦でも代役は可能ですが、装甲の高い401が最も向いています
装備は何故か装甲が上がる三連装酸素魚雷や回避が上がる試製Fat、新型缶
あたりが候補でしょう。私は三連装酸素魚雷+試製Fatのカットイン仕様にしていますが
穴を開けていない人は片方にダメコンを積むことをお勧めします

★結果と考察
出撃5回 撤退なし S勝利5回
消費資材 油-3920 弾-2644 鋼-3643 ボ-600 バケツ-14
ストレートでいってくれました。ダメコン大破進軍も上等のつもりでしたが
大破進軍はなく、道中も大和型のおかげで安定感が増していました
運がよかったのもありますが、この編成は強いです
バケツをケチっての撤退は嫌なのでバケツラインは10ダメ以上に設定しています

鋼材ボーキバケツ大破進軍
1昼戦S勝利(同航)7514686781203なし
2昼戦S勝利(反航)6274684921404なし
3夜戦S勝利(反航)8245288161004なし
4夜戦S勝利(T不利)8765289121353なし
5夜戦S勝利(同航)44865201050なし
小破以下艦修復費394745
合計39202644364360014

3
同航なら昼Sが狙えます。夜戦込ならT不利でもSとってくれました
2

余裕の音だ、馬力が違う

↑このページのトップヘ