5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

タグ:二式水上戦闘機

以前は現実的な選択肢ではない狂気のルートだったのですが、水上戦闘機の強化で
いくらかマシにはなりました。でもキツイですよ。3-5下ルートの強化版みたいな位置です
1-3

1、制空値設定
1-3
ボスマス均衡を目標に組んでいます。利根に二式水上戦闘機×2で積んでいますが
必要制空値は57なのでZaraPolaにRo44でなければ、どの航巡にどの水上戦闘機を
持たせても問題はありません。利根型は単純に強いから推奨しています
1-3
わざとZaraPolaにRo44を載せて、ボスマスを航空劣勢にして夜偵を飛ばすという
考えもなくはないですが、ボスマスで連撃を受けるデメリットを考えると割に合わないです
逆にこれ以上制空値を上げるには、航巡に夜戦連撃を捨てさせるかあきつ丸を登用
するしかなく、これも現時点ではありません
また水上戦闘機の片方を瑞雲に交換した場合は、ボスマス劣勢で連撃を食らいますが
鬼門のGマスで航巡が連撃を撃てるようになります、トレードとしては微妙なので
大人しく水上戦闘機を航巡に2つ搭載した編成を用いています

2、編成
1-3
神通→周回した結果、夜偵は紫雲のほうがいいと思いました
          ボス編成で空母verを引いた場合、制空拮抗になり夜偵が発動しないことは事前に
          分かっていましたが、①ボスマスよりも道中がきつい②夜戦になれば夜偵なしでも
          一人一殺はできる。以上の二点から紫雲にて索敵値を上げて神通の昼連撃の発生率
          を上げたほうが良さそうだなと思いました
夕立→HP36なのでこういう海域で入れるのには迷いましたが、昼戦でもCL2が絡むと
          敵の上位艦を食らえる位置にいる火力を買いました
阿武→魚雷魚雷甲標的とは悩みました。2戦目とボスマスで攻撃が2巡するので昼火力も
          考えて(駆逐や軽巡を処理してもらいたい)連撃にしています

上記の編成で20出撃を行いました。
同一艦隊で20回連撃出撃した結果です
・バケツラインは小破でぶっかけました
・修復費用込での計算
・全消費資材をボスマス勝利数で割って平均周回コストを計算
・出撃はランプ消灯で。隠れ疲労などは無視
・ドロップカットなし
・大破で帰港

3、周回結果
・20回中ボスマスまで到着したのは10回。 到着率50%
・道中撤退要因の原因は1マス目が1回、2マス目が9回。2マス目がきつすぎ
・ボスマスまで到着した場合、7/10回でS勝利をとれた。出撃回数を分母にすると35%の確率
・全消費資材をボスS回数で割った、6-2でボスSをとるための平均コストは以下
 油-392.4 弾-325.7 鋼-423.1 ボーキ-40.7 バケツ-8.7
オーソドックスなBFIKルートと比べてボーキ以外は重かった。S率が低く、修理が
 必要でいろいろと持っていかれるのが原因BFIKルート油-282.5 弾-265.6 鋼-199.9 ボーキ-123.7 バケツ-2
・いつもと違い、バケツは海域難易度から例外的に小破でかけているので
 バケツ消費の単純な比較はできない。また、駆逐ローテでバケツは節約できる

鋼材 ボーキ バケツ 修理
1、夜S 103 143 58 20 2 神通、夕立
2、夜S 143 143 133 25 3 利根、島風、綾波
3、夜A 215 143 268 15 4 利根、阿武隈、夕立、島風
4、利根大破撤退 171 91 229 15 2 利根、神通
5、夕立島風大破撤退 99 91 98 15 3 夕立、島風、綾波
6、神通大破撤退 98 91 95 0 3 神通、綾波、夕立
7、夜S 170 143 183 15 3 利根、島風、綾波
8、綾波大破撤退 74 91 49 20 2 夕立、綾波
9、阿武隈大破撤退 95 91 85 0 2 阿武隈、夕立
10、夕立大破撤退 114 91 124 15 3 利根、阿武隈、夕立
11、夜S 188 143 213 20 5 利根阿武夕立島風綾波
12、夜S 205 143 270 5 5 利根阿武神通島風綾波
13、綾波大破撤退 50 31 51 15 2 綾波、夕立
14、島風大破撤退 115 91 126 20 3 島風、阿武隈、神通
15、夕立大破撤退 62 91 25 0 1 夕立
16、綾波大破撤退 74 91 49 5 2 綾波、夕立
17、夜S 126 143 100 20 3 神通、阿武隈、夕立
18、夜A 286 143 403 15 6 全員
19、夜S 187 143 215 25 4 利根、阿武、島風、綾波
20、夜A 136 143 120 20 3 阿武隈、夕立、綾波
小破以下艦修復費 36 68
合計 2747 2280 2962 285 61
平均(ボスS勝利1回) 392.4 325.7 423.1 40.7 8.7
平均(ボス勝利1回) 274.7 228 296.2 28.5 6.1

4、感想

と比べて安定性は落ちるが、消費は少ないというルートなのですが
S勝利率がBFIKの半分で、S勝利あたりの消費が少ないわけではなかったです
(A勝利も含めての勝利あたりの消費ならこちらも悪くはないが)
5-4ではなく6-2を回す最大の理由はS勝利のドロップなので、ちょっと微妙ですね。
編成には改善の余地があったと思いますが、少し改良したくらいで2戦目(Gマス)
が安定するとも思えないので、現状保留です
基地航空隊とかが動かせるようになれば変わると思うのですが

2016 春イベのアップデートとともに水上戦闘機の熟練度ボーナスが大きく上昇しました
さらに対潜先制爆雷攻撃も実装されマンスリーは楽になりました

1、「水上打撃部隊」南方へ!の編成
任務条件の「低速戦艦×3」「軽巡」に加えて「重巡(航巡)×2」以外の選択はありません
上記の編成でボスマス到着率は6割ほどと言われています

2、設定すべき制空値
艦これ-087
優先すべき設定は「ボスマス到着時に制空値が42以上あることです」
Hマスでの航空戦を考えて(航空劣勢もあり得る)
「出撃時に制空値49程度」を最低限の設定目安にすればいいでしょう

さらに制空値設定をあげることにより段階的に次のようなメリットがあります
制空値53程度(Hマス制空値49)→Hマスで拮抗以上
制空値75程度(Fマス制空値72)→AマスFマスでの制空権確保
制空値91程度(ボスマス制空値84)→ボスマス制空権確保
制空値111程度(Hマス制空値108)→Hマス航空優勢
制空値148程度(Hマス制空値144)→2/3の確率で全マス制空権確保

3、変更された水上戦闘機の制空能力
アプデ後の水上戦闘機(Ro44、二式水上戦闘機)は艦戦と同等の熟練度ボーナスが
つくようになりました。搭載スロットごとの制空値は以下のようになります
二式水上戦闘機の方が強いですが、現状Ro44でも運用に困ることはありません
1
4a
参考
加賀の46スロに烈風改→制空値106
飛鷹の18スロに21熟練→制空値58


A Ro44+瑞雲ミックス型(制空値52モデル)
Ro44が1機あれば組める編成です。瑞雲にて制空を補助することにより
ボスマスにて航空優勢が可能です

1-5 a
もちろん二式水戦を持っている場合は、優先します。+5の余裕があれば
ボス前マスで確実に拮抗以上を保てます

航巡枠を利根にしていますが、深い意味はないです。最上の11スロを使った方が同じ制空値でも
被撃墜数の余裕があるのでその面では有利です

また、扶桑姉妹を並べて各々の23スロにRo44と瑞雲を並べれば、さらに制空値が稼げますが
それを行った場合、片方の扶桑姉妹の攻撃が潜水艦に吸われます
水上戦闘機を載せたほうは徹甲弾を積めなくなりますし、あんまり良くはないです
戦艦は重要なダメージソースなので必要な制空値を稼げれば、攻撃が吸われる瑞雲役や
徹甲弾を積めなくなる水上戦闘機役は航巡にやってもらいます

補足 軽巡枠

1-5 a
五十鈴out     Zara砲夕張in      も可能です
条件は夕張がZara砲を除いた3スロットで対潜100を確保できることです
Zara砲によって射程長になり、瑞雲持ちの航巡(射程中)に確定で先制します
瑞雲航巡が動く前に、対潜先制爆雷と合わせて二回潜水艦を叩けます
攻撃が潜水艦に吸われにくくなります
問題は装甲や耐久がBepと大して変わらない夕張の脆さです

また、通常の軽巡でも対潜能力が高い艦がいれば五十鈴よりもこの編成では
お勧めできます。射程中なので1/2の確率で瑞雲持ちの航巡に先制します
(五十鈴は射程短だから1巡目の行動が航巡→五十鈴と確定)

五十鈴って優遇されているかのように見えて大抵の軽巡でも、装備込で対潜100を
達成するのでそれほどでもないですね。ソナー無しでも先制できるのはメリットですが
対潜攻撃力に関しては装備の能力に大きく影響されるので、結局ソナーがないと
カスダメくらいしか与えられない状況が多いです。


1-5 c
ボスマス優勢だけでいいならRo44+瑞雲の2機のみで足ります

B 水上戦闘機×2型(制空値58)

Ro44と二式水上戦闘機が合わせて二機あれば潜水艦への吸収なし+戦艦は徹甲弾装備
の状態にてボスマスで航空優勢がとれます

3a
水上戦闘機を載せる二枠は航空巡洋艦ならなんでもいいです
さすがにZara+Polaの組み合わせは制空値がギリギリになりますが
1-5 a
たとえば編成例のRo44を二式水戦にして、さらに大きなスロットを持つ最上+利根型に交換
制空値を58→62にしても航空戦に変化はないので意味はありません。
これ以降で航空戦に有利な変化を起こすには最低でも制空値72以上が必要になりますが
二式水戦を加えた上にて扶桑姉妹の23スロ×2を使う必要があります
その場合、戦艦に徹甲弾が載せられない上、見合った効果も得られないのでお勧めしません

C 水上戦闘機 集中配置型(制空値124)
航空巡洋艦に水上戦闘機を集中配置する編成です
スロット数から見た制空型航巡の適性は最上>三隈>鈴熊>利根筑の順になりますが
最上型なら何を選んでも問題はありません

ボス前マスでも航空優勢がとれ道中が安定、ボスマスでは制空権確保ができます
最上型が烈風箱になるのと、4機もの水上戦闘機が必要なのが難点です
3a
最上に水上戦闘機をガン積みした場合、制空値は118~128になります
制空値は111くらいを超えたら148くらいまで航空戦に変化はないので
Ro44でも二式水戦でもどちらでもいいです
1-5 c
4つ載せてボスマス制空権確保までやるかと聞かれると微妙
バランスとしてはBの水上戦闘機×2編成が優れると思います

あと、大淀もレベルが高ければ対潜先制爆雷攻撃が可能です

↑このページのトップヘ