5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

カテゴリ: 6-5

編成を3パターン用意しました

編成1 戦1空2 基地航空隊Cマス分散型(いつもの。愛用している編成)
編成2 戦1空2 基地航空隊ボス集中型(ほとんど編成1と同じ)
編成3 戦2空1 ボス優勢~拮抗型(大和型×2の破壊力あり)

ボスマスへの基地航空隊は全て劣勢調整です(後述)。
基地航空隊の制空値調整は本隊の制空値調整とリンクしています。
まず初めに共通する情報となる必要制空値と第三基地航空隊について書きます

★6-5必要制空値
1 b
赤文字が必要制空値というわけではありません。戦術的に分かれ目となる部分を
赤くしています
4
戦1空2編成ではボスマス優勢確保
戦2空1編成ではボスマス拮抗~優勢を狙った戦術を組みました
ボス前Gマスの優勢確保は諦めています(本隊制空値がかなり必要)
Gマス拮抗は優勢と違い「触接されない」というメリットもあるので昼砲撃戦が絡まない
Gマスの拮抗はそれほど悪くもありません。
基地航空隊用の制空値表は本隊の制空値に偵察機を加えたものです


★第三基地航空隊(防空)の設定

パターンAとパターンBで航空優勢、パターンC(最終時)に均衡を狙います。
現在の航空機ではそれ以上はできません。
制空値は315以上あればいいので余裕があります。
1 akitsupng
飛燕や雷電などの局地戦闘機は防空時には制空値が上がる上に、
同じ制空状態でも艦戦よりも多くの敵航空機を撃墜する防空ボーナスがあります。
★基地航空隊の【防空】の与撃墜調査 (検証wikiほたる氏より)
http://ja.kancolle.wikia.com/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89:1140#35
彩雲を使用しなくても制空値に問題がなければ局地戦闘機を4つ並べて
防空時の被害を減らすのが現在の6ー5のセオリーです。

1 c
ただし、制空権確保を防空で狙える場合や彩雲を使わないと制空値を稼げない場合では
今まで通り彩雲を使います。全ての海域が局戦4が最適というわけではありません。

制空権確保であれば被害はないのでわざわざコストの重い局戦を使う意味はないからです

以上が共通する部分です。以下は三編成の例と、特徴を書きます

編成1 戦1空2 Cマス分散型
1-6 j
制空値 390(この程度あれば基地航空隊と併せてボスマス優勢が安定し始める)
いつも私が使用している編成です。防空の重要性とかこの編成の詳細は過去記事を見てください

ここでは増設補強についての追記をします。
効果がもっともあるのは編成に自由度が増える摩耶と、素の対空値が低く防空の穴になる
北上です。一方で秋月への機銃搭載はほとんど意味がありません(オーバースペック)
上の編成では摩耶、秋月、北上がダメコン搭載になっていますが、単純に大破しやすい
からです。増設補強への機銃の搭載効果は摩耶や北上が戦艦や空母を上回ります。
機銃以外に、より手堅い効果が得られるバルジも戦艦空母の選択肢となります。
1-6 j
1-6 j
基地航空隊の編成は上の通りです。
陸攻の熟練度は最初から剥げるものとして扱います。付け直しは不要です
画像では第一基地航空隊の第一中隊に烈風改を配置して空襲被害最大+陸攻熟練度0
でもボスマス劣勢確保をしていますが、実際には陸攻の熟練度が同時に全て剥がれる
ことは滅多にないですし、艦戦を第一中隊から移動させて空襲から守ってやれば
大きな制空値の低下もありません。烈風改や陸攻三四型なしでも
第一中隊 対空3の陸攻
第二中隊 対空11の艦戦
第三中隊 対空3の陸攻
第四中隊 対空3の陸攻 このように配置すればまず大丈夫かと思います。

編成2 戦1空2 ボスマス集中型
1-6 j 2
制空値 373
基地航空隊を劣勢調整にて全てボスマスに送り込む編成です。
編成1と比べてボスマスの撃破率が上がり、Cマスの突破率が下がります。
基本的編成や装備は変わりませんが大鳳→翔鶴甲となっています
これは基地航空隊が4回ボスにぶつかるので、安定したボスマス優勢に必要な制空値が
編成1よりも下がるからです。その分でより回避と攻撃に優れる翔鶴甲を登用できます
1-6 j
基地航空隊の編成もCマス分散モデルと同じです。
第二基地航空隊に残存航空機でできるだけ大きな制空値を与える理由は
第一基地航空隊の攻撃で敵の空母の一部が轟沈できたり、乱数によっては
第二基地航空隊の制空状態がワンランク上のものに化ける可能性があるからです
ただし、本隊から岩本隊などの艦戦を持ってくる程のものではありません

編成3 戦2空1 大和武蔵編成
1
制空値 231
W大和型を用いた空母1編成です。今回試してみました
装甲空母の1スロに岩井爆戦、そして彩雲も載せた状態で、ボスマスにて最低拮抗
あわよくば航空優勢が狙えます。制空も稼げて爆戦一機での砲撃戦火力も期待できる
となると大鳳が適しています。若干制空値が低下しますが、五航戦+橘花改もありです。

基地航空隊は上と同じ編成なので省きます。
2
劣勢調整をした基地航空隊の集中は敵航空戦力をかなり削ってくれます。
3
もちろん空母1での優勢にはボスマスで弱編成+ある程度の乱数をひく必要があります。
ボスマスでの安定感は戦1空2よりもありそうです。

1-5 c

↑2か月前のこの編成の改訂版です。主な変更点は
・艦隊防空ボーナスを意識して装備を少し変更
・翔鶴out大鳳inで制空値を少し上昇
(ボス前とボスで強強編成をひいた場合、基地航空隊がサボるとボス拮抗があったので)
くらいです
・基地航空隊を一部Cマスに送り込んでエアコントロール
・秋月、摩耶のW防空艦採用で積極的に敵艦載機をおとしにいく
などのコンセプトに変化はありません。むしろ防空は最近の流行りですね

1、編成
1-6 j 3
制空値390 キラ付けはなしだが大和は常にキラキラ
http://kancolle-calc.net/deckbuilder.html?id=-KYHTNre7ReBAnSnDLkK
摩耶&秋月→絶対艦載機枯らせるマン
北上様→ボスフィニッシャー(予定)と道中の露払いです。防空関係で色気をだして片方は
秋月砲の主砲×2連撃仕様にしていますが、もちろん魚雷カットインやOTO2本差しなんか
もありですよ。魚雷カットインなんかは先制雷撃の火力も上げるので道中突破の為にも
有効だとは常々考えています。中破状態でも頼れますし。
大和→メイン火力です。対空ならIowaのほうが高いですが、安定した火力と装甲で大和を
選択しています。ボスを仕留めるのはだいたい大和です。Iowaを使うかは好みですね。
Bis3も夜戦を考えれば有りですが、昼火力と対空の低さが心配です
大和を旗艦に置く理由はボス夜戦とCマス砲撃戦二巡目でヲ改に先行させるためです
瑞鶴&大鳳→サブ火力です。五航戦よりも回避の低さが気になる大鳳ですが、それなり
に避けてくれていました。彩雲はどうしてもボスでT不利をひきたくないのでつんでいます
艦載機が少々足りない人でもこの彩雲を除けたら制空値は稼げます
(その場合には五航戦ペアを推奨)

★火力が足りない人は

私は3か月程この編成で安定した攻略ができていますがレベルや改修度合では
火力不足になるかもしれません。
その場合には摩耶を羽黒か鳥海、もしくは利根筑摩あたりと入れ替えるといいです
利根筑摩には制空補助もできます。秋月くらいは残していたほうがいいですが。
あとは基地航空隊を4隊ともボスマスに送り込むのも効果的です
もちろんこれらは道中突破率低下とのトレードオフになります

2、基地航空隊
1-6 j
ボスマスで航空劣勢以上を確保して2回削りを入れさせます
烈風系+陸攻系×3以上でないと劣勢以上を確保できません
烈風系+流星系×3では制空値が足らず
特に三四型は制空値を稼ぎやすくオススメです
image (25)

1-6 j 2
この編成ではCマスにそのままいくと制空権確保ができないので
第二基地航空隊を一部Cマスに送っています。敵艦載機を割合で削る意味もあります
これでCマスにてヲ改の搭載機が減った状態の上に制空権確保が可能です
陸攻の熟練度が剝がれがちで、第一基地航空隊よりも制空値が下がります
その為に第二基地航空隊のほうをCマスに分散させているわけです
(最初にボスにぶつかる第一基地航空隊の制空値維持のほうが重要)

↑第三航空隊(防空)はこっちみてください

3、結果と考察
9出撃 2道中大破撤退 1ボススナイプ失敗でした
7

★6S勝利、1A勝利
ボスマス到達は7回でうち1回がスナイプ失敗でした
基本的には昼戦でボスのみを残して夜戦にて大和がとどめを刺すことが多かったです。
(4回がこのパターン)次は大和の食べ残しを摩耶がフィニッシュするパターンで(2回)
今回は北上様が止めを刺すことはありませんでした。
スナイプ失敗をした時は摩耶も北上様も大破状態で夜戦で動けなくなっています
ただしこの程度の失敗は許容範囲なので火力不足を感じる程ではありませんでした。

★Cマスヲ改(3/9)、空母おばさん(4/7)
今回、敵攻撃スロットを枯らせて棒立ちにさせた回数です
Cマスのヲ改はもう少し棒立ちにさせたかったのですが、空母おばさんは半分以上
棒立ちになりました。スロットの大きさを考えると空母おばさんのほうがずっと難しい
はずなのですが、空母おばさんのほうがスロットが枯れやすい理由もいくつかあります
・空母おばさんマスへは劣勢以上に制空設定をした基地航空隊を3回送り込んでいる
つまり「基地航空隊による劣勢割合撃墜が3回」あるので基地航空隊によって、かなり
削られた状態が出来上がっている
・空母おばさんは攻撃機のスロットを2つ枯らせればいい(52と56)大してヲ改は
攻撃機のスロットを3つも枯らせる必要がある(36×3)。敵攻撃機の殲滅は50%の確率で
発動が決まる割合や固定撃墜に大きく依存しているので、発動時に十分な撃墜数を
稼げる条件が揃っていれば、敵攻撃機のスロットの大きさよりもスロットの数に成功率が
依存することが考えられる

4、デッキビルダーから実際の撃墜数を読む

デッキビルダーでの対空関連の読み方です。今からするのは

で書いた対空システムのうち
1-5 c
ここの赤枠の中の実際の数字についてです
まずデッキビルダーには今回の6-5で使った編成を入れています
http://kancolle-calc.net/deckbuilder.html?id=-KYHTNre7ReBAnSnDLkK
「割合撃墜」についてはそのままなので何も説明はありませんが、
「固定撃墜」の読み方が少々厄介です。恐らくこう読むものかと考えます
1-6 j 3
まず固定撃墜は個艦によるものと、艦隊防空によるものの合算になります
①②③が個艦によるもので縦に並んでいます
④⑤⑥が艦隊防空によるもので横に並んでいます
艦隊防空は陣形により補正がかけられるので、選択した陣形でさらに変化します
そして大事なのが対空カットインの発生の有無で、発生した対空カットインの種類によって
それぞれに乗算の補正がかけられます。第10類が摩耶の特殊対空カットインを、
第1類が秋月の特殊対空カットインを表しています。
デッキビルダーでは対空カットインなし、摩耶対空カットイン発動、秋月対空カットイン発動
の3パターンがそれぞれ補正を入れて並べられています。
また、この数字には対空カットイン発動による固定撃墜ボーナスは含まれておりません。
なので、対空カットインなし、摩耶対空カットイン発動、秋月対空カットイン発動をそれぞれ
計算すると以下のようになります。
対空カットインなし ①+④
摩耶対空カットイン発動 ②+⑤+8(摩耶CIボーナス)
秋月対空カットイン発動 ③+⑥+7(秋月CIボーナス)
上の表から秋月と大鳳を例にとって計算すると
air3
上のようになります(最低撃墜保証の+1は含まず)
ヲ改スロットの36機程度なら、その前に発生する基地航空隊や制空戦での割合削りを
考えると、固定撃墜が発生すればほとんどのケースで殲滅できることが分かります
まぁヲ改は攻撃機が3スロットもあるので棒立ちにするのは楽ではありませんが・・:
さらに秋月や摩耶などの防空艦が選択されて、対空カットインと絡めば空母おばさんの
スロット(52、56)も確定で殲滅できることが分かります。
1a
さらにデッキビルダーで遊んでみましょう。
同じ編成で高角砲と電探の★を全部とってみました。艦隊防空が恐ろしいくらい低下
してることがわかると思います。
air3
固定撃墜で10~20機程、改修した高角砲よりも敵機が撃墜できなくなりました。
もちろん、割合撃墜の値も低下していますし、体感レベルで分かるような差があると
思います。さらに輪形陣選択で差が開くので6-5ボス前空襲マスでの生存率なんかにも
差がでてくると思われます。
1-6 j 3
理想は★10ですが、★6もあればかなり良くなります。
今度はデッキビルダーで高角砲、電探を★6にしてみました
air3
コスパいいです

ちなみに改修するなら高角砲優先です
21号改は13号改でも十分に代替が利く性能です。
またノーマルの21号電探の★Maxどめもコスパがいいです

2

1、編成
とりあえずの6-5編成での自分の答えがでました。コンセプトは
★道中安定の為のCマスヲ改徹底対策
★ボスマスで強編成をひいた時でも航空優勢
の二点で、それさえ抑えられれば戦1装空2は高い突破率を得られると考えました
1-5 c
1-5 b
デッキビルダーより。制空値は373-376。艦攻は二つのみで比較的大きなスロットなので
熟練度の低下による影響は少ないです
1-5 b
1-5 b
これらの説明は下で行います

2、基地航空隊を使ったエアコントロールと編成の意味

本隊制空値373で、Cマスにおいては制空権確保(要制空値396↑)と、ボスマスでは
ラスダン&強編成航空優勢(要制空値468↑)をクリアします。
65
※ただし基地航空隊の航空戦のみ索敵機も制空に関わるので若干上昇します(具体的数値不明)

もちろんそのままでは制空値が足りないので、
第一基地航空隊制空値126 第二基地航空隊制空値110未満を使い
敵航空機削りを行って実現させます。制空値の流れは以下のようなモデルを考えています
1
上図の説明
①第二基地航空隊がCマスの制空値を削る+攻撃
②第二基地航空隊で削られたCマスにて本隊が制空権確保
③第一基地航空隊の集中+第二基地航空隊の2出撃目でボスマスの制空値を削る+攻撃
④削られたボスマスにて本隊が航空優勢をとる

基地航空隊の制空値ポイントは「Cマス均衡(89↑)」「ボスマス劣勢(105↑)以上」です
第二基地航空隊は元から制空値が110未満であることが多く、かつCマスにて削られるので
ボスマス到着時に制空値が105残っていないと思いますが、第一基地航空隊にてボスマス
の制空値を先に削っているので問題はありません。
この流れをつくるために第一基地航空隊ではなく、第二基地航空隊を使ってCマスに分散
攻撃を行いました
追記 基地航空隊の航空戦のみ敵索敵機も制空値に関わるので、実際には索敵機分のみ
少しだけ要求制空値が上がります。忘れていました。この編成ならその分はカバーできて
いるかと思われます。

★Cマスヲ改対策
1-5 b
上で説明した方法による制空権確保に加えて
秋月+摩耶によるW対空スペシャル(両者とも夜戦連撃装備)
それに加えて徹甲弾持ちの大和を旗艦に配置しました
Cマスは敵が輪形陣なので二巡目で旗艦だけが残るケースが多く、その状況になった場合
ヲ改に先行する旗艦は一番頼りになる艦を配置すべきです。ボスマス夜戦にても同様の
ことが言えます。徹甲弾ならヲ改の装甲にそれなりの貫通力がある上、旗艦は連撃発生率
が随伴艦よりも上がります。対空も高めな大和が適任です。
航巡や戦艦への水上戦闘機搭載も一時は考えましたが、基地航空隊を分散してCマスに
送ることで五航戦+航巡水戦なしでのCマス制空権確保が安定させられました。
10出撃行いましたが、10出撃とも制空権確保できています
1-5 b
それから秋月+摩耶+制空権確保の効果ですが結構ヲ改を棒立ちにさせれました
10出撃中、ヲ改に砲撃戦で攻撃されたのは2出撃で3回のみです
●2出撃は、ヲ改行動前にヲ改を中破以上にしました
●2出撃は、ヲ改に攻撃されました(1巡目のみ×1、2巡目も×1)
●残りの6出撃は制空確保+対空砲火でヲ改の艦載機を全て撃ち落とせました

10出撃のみななので実際の確率は分かりませんが、かなりヲ改対策効果が見られました

★空母の並び巡
大和の次に五航戦を並べています。夜戦ではやや問題ですが
ボスマス夜戦では残ってボス+ヲ級×1くらいなので(ほとんどボス単体)、それなら昼戦を
強化ということでこの並びにしています

★ボスマス
1-5 b
今回はボスマスで弱編成(要求制空値が低いほう)ばかり引いて
ボスマス強編成でも計算通り航空優勢が安定するのかは分かりませんが、
Gマス(空襲マス)→ボスマスと二連続で強編成の一番ハードなひきをした時でも
上のように航空優勢がとれることは確認できました。基地航空隊による敵撃墜にはブレが
あるのでこれが安定してくれるかは分かりませんが、10出撃の範囲内では
全てこちらの意図通りの結果を得ました。
基地航空隊を1隊Cマスに回した不安もありますが到達した8回全てS勝利がとれているので
火力不足ということはないと思います。

ちなみにヲ改程ではないもののボスの空母おばさんも結構棒立ちにさせれました
空母おばさんが行動前に中破になってしまい、確認できなかったケースもありますが
確認できたうちではボスマス8到達中、5回も空母おばさんの艦載機が枯れました

3、結果
1
以上です。

1、編成とコンセプト
3回目
空母って強いから空母3で行ってみようという安易な考えです
同じ編成で10出撃行いデータをとりました
3回目
触接はある程度を確保して、制空値は熟練度Maxで407-412くらいです
ツ級がいる海域なので実際には上の画像のように艦攻の熟練度があちこち
低下した状態での周回になります
65
目安はCヲ改マスにて制空権確保(396-)で、熟練度が完全ではないことを前提に
制空値設定をしています。こんなもんで安定して確保はできました。

2、結果

大破進軍はなしです
10出撃、ボスマス到着7回、うち旗艦撃破3回でした
結論から言うと戦1空2の方がいいと考えました
3回目

3、考察

問題点や気付いたことについて書きます

★Cマスのヲ改編成がやはり難関

6-5のゲージ破壊をした時は運よく?6出撃中1度しか大破にはならなかったですが
Cマスは制空権確保でも厄介なことがわかりました
具体的に言うとヲ改とかヲ改とかヲ改とかフラ戦ですね
3回目
空母 重巡 駆逐 雷巡 空母 空母 という変な並びの説明もここでします
まず、空3編成ではCマスが唯一砲撃戦が二巡する場所です
旗艦から順番に行動する場面はCマスとボス夜戦にしかありません
通常なら空母を3人とも下に並べてボス夜戦に備えたいところですが、そうすると
Cマス砲撃戦二巡目でこちらの空母よりも先にヲ改が動いてしまいます
敵は輪形陣なのでヲ改だけが二巡目で残っているパターンが発生しやすいです
空母を除けば利根が最大の火力ですが、ヲ改の無力化には心許ないです
結局、この編成でヲ改を無力化するには空母が必要で、ヲ改は最大の道中撤退要因なので
苦しながらも空母を旗艦に置いたわけです。その分はボスマス夜戦で払うことになります
この点からすると旗艦に徹甲弾つきの戦艦を配置できるのは理想的です
一応、ヲ改の艦載機が枯れることもありました(制空権確保+秋月対空カットイン)
ただし、安定はしないので期待はできません。ヲ改は通常、攻撃してきます

★ボスマスでの火力不足

5-5でもオール空母の空6編成とかがありますが、5-5はこちらが戦艦を用意しなくても
二巡してくれます。こちらは一巡のみなので圧倒的に手数が不足します。
さらに空3という状況が夜戦火力不足も起こし、ボスを撃ち損じる確率が戦艦入り編成より
ずっと上がります。ボス戦7回中、旗艦撃破3回、S勝利1回でした
戦1空2の時は撃ち漏らしはなかったのですが

★Gマスとボスマスの制空状態
ボスマス本隊とボスマス前の航空戦マス(Gマス)はどちらも同じ制空値のパターン
になります。(ただしGマスとボスマス編成は独立してランダム)
Gマスの方は航空戦をやって終了するだけです。
制空値が高いパターンは優勢に468必要で、低いパターンは314で優勢がとれます
私は随伴の駆逐艦を見極めに使用していて
駆逐艦が横に幅広だと低制空値の当たり編成で
駆逐艦が縦に長細いと高制空値の外れ編成と覚えています
5
だからこの編成だとGマスにて縦長駆逐をひくと拮抗、横長駆逐をとると優勢になります
縦長駆逐からもGマスで優勢をとるには制空値が道中分を考えて485は必要です
ボスマスでは縦長駆逐でも、基地航空隊による削りがあるので安定して優勢になります
でも優勢が安定しても戦艦がいないと旨み少ないんですよね。
当たり編成をGマス→ボスマスとひいて基地航空隊もそれなりに働けば、ボスマスにて
制空権確保も見られます
5
当たり編成でも制空権確保には627必要になる計算なので、基地航空隊でかなり
削ってくれていることになります

★基地航空隊
5
その基地航空隊ですがこんな感じでした

ただし、今の状態だと陸航×4でもいいとも思います
バグか仕様かは分かりませんが、基地航空隊がボスマスで敵対空砲火(st2)の影響を
受けていないみたいです
敵連合艦隊という初実装のシステム周りに複数特殊な状況が発生しています
この状況が修正されたら艦戦を混ぜて、放置のままなら陸攻ガン積みか
烈風×1で航空劣勢で十分だと思います

★今のところ
本隊が戦1空2で、基地航空隊は陸攻ガン積みor烈風×1あたりが正解です

追記(10/10)
編成を改良しました


追記(10/7)

日本版のwikiの制空値を信じた場合の制空値表は以下のようになります
間違っていたらごめんね。これまだ暫定版なものです
65
★基地航空隊の第一波はボスマスパターンAなら烈風系×2+陸攻で拮抗
   パターンBやラスダン時の第一波に拮抗が欲しければ烈風系×3が必要
   ただし、攻撃機が少なくなるので第一航空隊といえども烈風系に3機がアリかは疑問
   敵制空値が固定される最終編成なら3機入れていいかも
★比較的熟練度が維持しやすいので基地航空隊の制空値を最低105にして劣勢以上
   でもいいと思うが、その場合には敵航空機を削れずないので本隊の航空優勢が
   難しくなる
★基地航空隊1隊でのラスダン時防空は拮抗まで。優勢は現航空機ではとれない
======================ここまで追記

1
簡単なボーナス海域です。5-5よりずっと楽です
実装直後ということもあり、詳細がわからず詰められていませんが下記の編成で余裕でした

1、編成と制空状態

1a
1
これ以上艦攻を増やすとボスマスが航空拮抗となりました。ここいらが優勢のラインかな
基地航空隊により艦戦を多く積めばまた状況もかわると思いますが
火力はこの編成で十分あります。余裕がかなりありました

2、基地航空隊

12
第一第二基地航空隊はこんな感じです。
相手の制空値がわからないのでとりあえずテキトーに
123
12
800円しますが、課金で開く第三基地航空隊を使った防空が可能です
第三基地航空隊は出撃が出来ないので防空専従部隊となります。800円で被害が減ります
(艦これは商業)
12
防空隊の編成は上のようになります。雷電の二つ目を持っている人は使いましょう
防空隊や基地航空隊の制空値については下の記事を見てください


3、ボスマス
1-5 b
深海側が連合艦隊を組んできて、面食らいますが
強そうなのは見た目だけで、その実は雑魚の集団になっています
基地航空隊の空襲もボスに当たれば一発で250↑とかダメージを与えたりするので
集中すれば基地航空隊だけでボスを沈めることも出来ます
6撃破でゲージ破壊ができます

4、結果

適当な編成でしたが6出撃6S勝利でした。道中大破からの大破進軍が1回です
美味しい海域なのでゲージは毎月壊しましょう。以下6出撃全ての昼戦終了時の様子を
貼ります。この海域が見た目だけで簡単なことがわかると思います。
1出撃目
1-5 b
2出撃目
2s
3出撃目
3回目
4出撃目
4回目
5出撃目
5回目
6出撃目
6回目

↑このページのトップヘ