1、対潜先制爆雷攻撃による戦術の変化
6/30のアップデートにて対潜先制爆雷攻撃が実装されました
五十鈴改二もしくは、対潜能力がソナー装備込で100を超える場合、敵潜水艦の先制攻撃に
先立ち、対潜攻撃ができるというものです

対潜先制爆雷攻撃が可能な艦が複数いる場合、一人ずつ順番に先制攻撃してくれます
なので、ターゲットが被ることはほとんどありません(単横ならほぼ一人一殺できる)
攻撃が外れない限り、敵潜水艦の開幕雷撃前に下のような状態におけます
艦これ-114
見てのとおり対潜先制爆雷攻撃は戦闘を圧倒的に有利にするものなので
単純な1-5出撃でも今後は以下のような戦術が勧められます
A、二巡できる航空戦艦枠を抜いて対潜先制爆雷攻撃可能な艦を入れる
B、三式ソナー三式ソナー三式爆雷で対潜能力が98と、100にギリギリ届かないような場合、
三式爆雷を抜いて三式ソナーガン積みにする。シナジー効果を捨て対潜先制爆雷攻撃
をとる

2、対潜先制爆雷攻撃が可能な艦

五十鈴改二、もしくは対潜能力が装備込で100を超えていることが条件です
この条件からして、駆逐隊、軽巡洋艦、練習巡洋艦、雷巡に限られます

先制可能艦の対潜能力の目安は何も装備をつけていない状態にて「70」ほどです
70なら三式ソナー×3搭載で100まで上げることが出来ます
四式ソナーがあれば70未満の艦にも対潜先制爆雷攻撃が可能になります
3

対潜能力はレベルの影響を大きく受けるので低レベル艦では難しいところがあるのも事実です
また結婚していても、対潜がもともと不向きな艦は対潜先制爆雷攻撃が出来ない場合もあります
具体的に言うと大淀とか。4スロ持ちなのに極端に低い素の対潜値から不向きになっています

基本的に軽巡洋艦なら結婚なしでも対潜100まで届きますが、駆逐艦の場合は種類が限られます
1-5で稼ぎたいのであれば、お勧めする駆逐艦は以下です。下の数値はLv99での素の対潜能力です
Lv99に達しない場合は、これより低い値になるので、駆逐艦は前提条件として高レベルが求められます

89 朝潮改二丁
81 皐月改二
80 リベッチオ
79 朝霜改
74 Bep
72 潮改二、秋月改、初月改、照月改

↑ここまで三式ソナー×2+三式爆雷 可能


70 沖波改、嵐改

↑ここまで三式ソナー×3 or 四式ソナー+三式ソナー+三式爆雷

69 初霜改二、叢雲改二、如月改二、睦月改二、夕立改二、浦風改、時雨改二
     初春改二、風雲改、Z1改、Z3改
68 吹雪改二、春風改、霞改二、霞改二乙、谷風改、萩風改、野分改

↑ここまで三式ソナー×2+四式ソナー or 四式ソナー×2+三式爆雷

1-5 a
ちなみに育成で、最も手早く実戦投入できる駆逐艦は皐月改二やリベッチオあたりです
だいたいLv70台の後半から装備で底上げをして対潜100を確保できるようになります
朝潮は丁にするのにLv85必要なので次点となります

3、5-4と比較して1-5で戦果を稼ぐメリットとデメリット
1-5がとても楽になったので1-5でも戦果を稼いでみようという思い付きですが、以下のような
ことが想定されます

メリット
・ボーキサイトがほとんどかからない
・被弾もとにかく少ない。こちらにクリティカルなダメージを食らわせるのは、ボスマスの敵旗艦先制雷撃のみ。
  もちろん先に対潜先制爆雷攻撃で沈めていれば怖くはない。実際にはかなり庇われて残るが、、
・大破艦が生じてもほとんどが「駆逐」「軽巡」なのでドックに一晩入れれば朝には修理されている
  正規空母や重巡、戦艦のようにバケツを使わないでも寝る前や外出前にドックに入れるでいい
  潜水艦の運用に近い感覚でバケツを極端に節約できる
・ルート固定の軽空母枠は揚陸艦や水上機母艦でもいいので、レベル上げのやりにくいあきつ丸、瑞穂を
  戦果稼ぎと同時に鍛えることができる
・5-4で足手まといの水雷戦隊のレベリングもできる
・潜水艦をいっぱい拾える
・学生とか時間がある人はこれだけで三群狙えます

デメリット
・戦果稼ぎの速度を計ったが、遠征有、ドロップ有で回して一時間で11出撃+α程度
  経験値にして58分で14,115稼いでいたので時速換算で10戦果ほど、5-4の半分の稼ぎ速度
・戦果あたりの油の消費はこちらの方がずっと大きい
・ローテーションで効率的な周回を目指す場合、多くの対潜装備と艦隊全体の平均レベルが必要になる
  特に入渠時間が短いからバケツを使わず、ドック待ちをたくさん残しながら回すと考えると
  対潜能力の高い駆逐、軽巡のストックが多く必要になる


4、実際の編成例
ルート固定に必要な条件は「軽空母、水上機母艦、航空巡洋艦、揚陸艦」のうち1艦と
軽巡洋艦が2艦以下くらいです。あとは戦艦、潜水艦もダメです。連れていっても意味ないですし

実際には「あきつ、水母、軽空」から1艦(航巡は5-4にでも連れていってください)
+対潜先制爆雷攻撃可能な艦×3で組みます。駆逐、軽巡、練巡、雷巡の中から3人選んでください
連続で周回する場合は、この編成を3セットほど用意します。下は私のテストした編成です

A、艦隊ローテーション1
1-5 a
B、艦隊ローテーション2
1-5 b
C、艦隊ローテーション3
1-5 c

1時間で11出撃をしました。11出撃の結果は
オール完全勝利×6回  カスダメのみ×3回(ダメ2、5、5) ボスマス中破×1回 ボスマス大破×1回でした
中破艦と大破艦の入渠時間はそれぞれ5時間と7時間でした

5、バケツorローテーションのタイミングと捨て艦
バケツやローテーション(軽巡や駆逐の入れ替え)のタイミングですが
軽空母、水母、揚陸艦枠は大破まで変更不要(中破で新型缶かバルジに装備変更)
主力の先制爆雷を撃つ3人は中破1人までは無視して出撃
中破2人以上で片方をローテーションで交換くらいでいいと思います
中破状態でも結構働いてくれます

捨て艦を使う場合、軽空母枠での運用になります
軽巡駆逐枠で捨て艦を入れると、手数が減ってバケツの消費が増えるのでお勧めできません
軽空捨て艦は燃費が向上しますが、あきつ丸とか秋津洲とかこういった場所で出してやらないと
経験値が溜まらないので私はレベリングがてらに使う派です

1-5 a
捨て艦+駆逐3 の場合はこれくらいの燃費になります。

とにかく資源をケチりたいなら睦月、如月、皐月あたりを鍛えればいいでしょう
節約できます。ただし、対潜100は結婚しない場合ギリギリ届くかというところなので、
四式ソナーの数が重要になります
如月改二や睦月改二の対潜能力は平均より上ですが、
Lv99でも四式ソナーがなければ対潜100に届きません

6、感想

1時間のみの出撃なので言いきれませんが、バケツ面では優れていると思っています
時間がかかるので私は5-4派ですが、とにかく備蓄して時間は多めにかかっても
戦果を稼ぎたいとかいう人には向いているのではないでしょうか

また潜水艦も拾えるので実のところ5-4下ルートとの組み合わせて併用させるのが
一番向いているかもしれませんね