5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

2015年12月

1
集められる期間と個数を考えるとデイリーの南西任務を2ー5でやるくらいじゃないと
キツイですね。めんどくさいです
2ー5のボスマスはお飾りの出現確率が高そうです

追記
プレゼント箱もボスマスで何度か出現しましたが
その時に限り、今まで80%くらいの確率で出現していたお飾りがでませんでした
もしかしてプレゼント箱とお飾りは同時に出現しないとかあるのでしょうか?

あと今回のお飾り集めで一番効率がいいのは
2ー5下三戦ルートですね。3ー3よりこっちです

★編成(上ルート)
no title
1、鳥海二 3号砲 3号砲 夜偵 見張員
2、羽黒二 3号砲 3号砲 紫雲 探照灯
3、妙高二 3号砲 3号砲 紫雲 見張員
4、利根二 3号砲 3号砲 瑞雲12 ドラム缶
5、筑摩二 3号砲 3号砲 瑞雲12 ドラム缶
6、北上二 五連 五連 甲

お飾り用装備は3つですが、2ー5ボスは確率自体は高いのでこれで十分でしょう
索敵値も何周かまわして反れなかったので足りていると思いますが
紫雲が足りなかったり反れたりしたら見張員を一つ32号に交換したり
北上を重巡などに交換してください

★編成(下3戦ルート)
2
★制空値94(制空権確保) 触接率98.0%
1、夕立二 秋月砲 秋月砲 見張員
2、隼鷹二 天山村田 流星601 流星601 整備員 ★火力181
3、千歳二 天山友永 流星601 彗星江草 二式艦偵 ★火力165
4、龍驤二 流星601 天山村田 53岩本 彩雲 ★火力152
5、大淀改 15.2改 15.2改 夜偵 探照灯
6、島風改 秋月砲 秋月砲 見張員

最近お気に入りの下3戦ルートです
下4戦ルートは上と比べて選ぶ価値があるか微妙ですが
下3戦ルートは上から移る価値があるルートだと思います
3
下3戦ルートは省エネだし安定感も夜戦を通過する上よりもいいくらいです
艦戦1機で制空権が確保できるので、艦攻をたくさん積んで開幕火力もそこそこ
でます。おススメです

1
ほっぽマスとボスマスの両方でお飾りのドロップを確認しました
3周まわって合計4個のお飾りだったので確率はそこそこ
ただし、3ー5上ルートなので消費は大きいです
お飾りの数を揃えるなら大人しく3ー3か2ー5でしょうね

ほっぽはクリスマス仕様のプレゼント箱をもっている画像ですが
プレゼント箱のほうは落としてくれませんでした
確率が低いのかお飾りとは同時に落とさないのか、そもそも落とさないのか
今のところわからないです

ちなみにほっぽマスで夜戦をしてもボスマスS勝利可能です

★編成
no title
★制空値395(ゲージ破壊後編成で航空優勢) 触接率93.3%
1、Italia パスタ砲 パスタ砲 紫雲 大型探照灯
2、瑞鶴甲 天山村田 烈風601 Fw190 彩雲 ★火力172
3、利根二 3号砲 3号砲 瑞雲12 三式弾
4、筑摩二 3号砲 3号砲 瑞雲12 三式弾
5、加賀改 天山村田 烈風601 53岩本 62岩井 ★火力153
6、大淀改 探照灯 夜偵 見張員 見張員

お飾り強奪用装備は4つと控えめです
ほっぽからもS勝利をとるために航巡の二人に三式弾を積まなけれな
ならなかったからです

1
とりあえず3ー3ボスマスでのドロップを確認しました
3-3-5
北方任務がまだの方はついでに終わらせましょう
探照灯や見張り員で出現確率が上がるみたいです
秋刀魚イベント同じような装備からソナーを抜いた編成になります

★編成例
no title
★制空値269(制空権確保) 触接率98.1%
1、BismⅢ 38cm 38cm 紫雲 大型探照灯
2、高雄改 3号砲 3号砲 紫雲 探照灯
3、赤城改 天山村田 Fw190 天山村田 彩雲 ★火力170
4、加賀改 天山友永 Fw190 53岩本 流星601 ★火力166
5、大淀改 見張員 見張員 探照灯 FUMO
6、夕張改 見張員 見張員 探照灯 FUMO

秋刀魚漁と同様に装備は重複しても効果を発揮すると思われます
探照灯、見張り員を合わせて8つ積んでいるので効果はかなりあります
FUMOは渦潮対策です

no title
結局お飾りは2ー5で集めました。3ー3より2ー5下3戦ルートがいい感じでした

1
相変わらずのks雑魚3群ですが久しぶりに新装備がきてくれました
2
装備図鑑にも見当たらす、カタパルトなどと並んで置かれています
改修などで消費するスタイルのアイテムみたいです
現状、使いみちはないので新任務待ちということになります

ネ式エンジンは大戦末期に開発された国産のジェットエンジンのようです
搭載する航空機として橘花が予定されていましたが時既におすしでした
これは近いうちに橘花が実装されるということでいいのでしょうか

画像の妖精さんは翔鶴をポニテにしたようなかんじです
橘花が実装された場合は試製景雲同様に、搭載できるのがカタパルト装備の空母
に限定される可能性が高いですね

新任務で翔鶴型旗艦で編成→どこそこを攻略せよ→改修が目に浮かびます

1-6はゲージ破壊後も数量は減りますが資源回収が可能なので
捨て艦を使って黒字回収するというケチくさい作戦です
もちろん通常のゲージ破壊にも使えます
no title
あ号兼1-1のキラ漬けで溜まったドロップ艦の消化などでいく場所です
ドロップ艦を使うかわりにちょっと効率のいいオリョクルをするようなものです

ゲージ破壊後にも拾える資源は
油 30、50、70、100
弾 50、70、100
鋼 50、70、100
ボ 50
の中からランダムです

★編成
1
編成は軽巡1駆逐5のみ。それ以外はありません
もちろん旗艦の軽巡も捨て艦に出来ますが、安定を考えると
旗艦軽巡だけ育成艦にすることをお薦めします
敗北がつくものの、道中旗艦+MVPを取り続けるのでキラ漬けにもなります
2
軽巡は対空カットイン仕様一択です
高角砲+高射装置の組み合わせがシンプルでよいでしょう
あいたスロットには回避用の缶でも積んでおいてください
陣形は全て輪形陣を選択します。軽巡に被害はほとんどありません
4
しかし捨て艦の轟沈はあります。対空カットインを発動させても
2戦目の航空戦マスで大破艦がでる可能性が高く、
資源回収を考えるといちいち撤退するわけにもいかない場面が多いのです
艦これには轟沈回収という、轟沈時にその艦が持っていた燃料弾薬が回収される
という謎仕様があるので、轟沈するとむしろ燃料弾薬は増えますが
かわいそうだと思う人はやめてあげましょう
オリョクルなら沈みません
5
もちろんオール捨て艦隊も可能ですが3戦目で旗艦が大破することがしばしばあります

追記
捨て旗艦にダメコンを載せることで、ダメコンの消費確認画面は出るものの
消費せずに3戦目から資源マスへ進めることを
教えていただきました

こっちのほうがいいですね。ありがとうございました

コンセプト 村を間違えました
2
★編成
1
★制空値363(鬼鬼+15) 触接率98.2%
1、千歳二 天山村田 流星601 彗星江草 整備員 ★火力177
2、龍驤二 天山友永 53岩本 99江草 整備員 ★火力160
3、千代二 天山村田 流星601 99江草 Fw190 ★火力164
4、瑞鳳改 流星601 烈風601 流星601 彩雲 ★火力132
5、祥鳳改 97友永 烈風601 二式 Bf109 ★火力111
6、筑摩二 ドラム缶 ドラム缶 ドラム缶 ドラム缶

江草隊を軽空母などの小さなスロットに載せていくのが最近の私の考えです
江草は付加能力が高い上、火力も流星改よりあるのが特徴です
開幕航空戦の火力はスロットの大きさに依存するので
小さなスロットの流星改を江草に交換してもデメリットは少なく済みます
翔鶴甲のような艦攻1機で反抗キャップに届くような空母に江草はナンセンス
ですが、火力の低い軽空母が砲撃戦も働かなければならない場合に江草は
有力な選択肢になります

★実践結果
平和なヲ級の村に軽空母が攻めこんでくるなんて 連続20戦結果
※連続20戦のルールはブログの一番最初の記事に載せています
一周あたりの燃費 油-131(+115) 弾-139

ボス撃破率  0.95
平均ボス撃破タイム 4分31秒
撤退、ボス敗北率 0.05(大破撤退1)

全資材消費 油-1509 弾-2733 鋼材-2022 ボーキ-2720
      バケツ-19(祥鳳-7 龍驤-5 千代田-3 筑摩-2 瑞鳳-1 千歳-1)
ボスマス1勝に必要な平均資材 油-79.4 弾-143.8 鋼材-106.4 ボーキ-143.1バケツ-1


鋼材ボーキバケツタイム修理
11813901750260
21813901700278
31813901400273
457139741451269祥鳳
51291392091152273祥鳳、筑摩
61813901400259
755139691601262祥鳳
851139621451274祥鳳
91311392141402293龍驤、筑摩
1069139961601263祥鳳
111813901100271
121141391911452288祥鳳、瑞鳳
1357139741251263龍驤
141813901250261
15千代田大破撤退16392140451千代田
161813901200271
171291392091252273龍驤、千代田
182521394391454303千歳、千代田、祥鳳、龍驤
1953139691601272龍驤
201813901300258
小破以下艦修復費105176
合計1509273320222720195164
平均(戦果2.2に必要)79.4143.8106.4143.11271

★考察
以前やった

の改良版です
鋼材ボーキバケツ失敗率周回速度合計
⑤軽空母の村81.3143.8111.7165.53485053.4953.7
㉒軽空母の村改79.4143.8106.4143.13005054.2876.9
レベルが高くなっているおかげもありますが、全般的に新規の艦載機を加えて
正常進化が出来ているのではないでしょうか
今見ると昔の編成は艦載機の載せ方に不満足な点が多いです

ウィークリー任務でいくのがめんどくさい海域です
map

4-4で最大の制空値を要求されるのはボスマス手前で制空に312優勢で156必要です
ここを空母2で制空をとる編成と空母1で優勢をとる編成の2パターン用意しました
1

道中の撃墜を考えそれぞれ15、10を足した制空327、166以上を下限として設定しています

空母2で制空値確保(制空値327以上)

★一航戦
4
★制空値335 触接率87.5%
1、赤城改 天山村田 天山友永 烈風601 彩雲 ★火力167
2、加賀改 天山村田 Fw190 53岩本 Bf109 ★火力148

★二航戦
1
★制空値328 触接率54.6%
1、蒼龍二 天山村田 烈風601 天山村田 Bf109 ★火力181
2、飛龍二 天山友永 53岩本 烈風601 彩雲 ★火力167

★五航戦
2
★制空値329 触接率79.2%
1、翔鶴甲 53岩本 天山村田 天山村田 Bf109 ★火力201
2、瑞鶴甲 烈風601 烈風601 天山友永 彩雲 ★火力168

★雲龍姉妹
3
★制空値328 触接率50.4%
1、葛城改 天山村田 烈風601 烈風601 整備員★火力150、射程長
2、雲龍改 天山村田 Fw190 53岩本 彩雲 ★火力146


空母1で航空優勢まで(制空値166以上)

★グラーフ
1
★制空値166 触接率39.3%
1、Graf改 53岩本 Fw190 爆戦 彩雲 ★火力134

★加賀
2
★制空値172 触接率0%
1、加賀改 天山村田 天山村田 53岩本 Bf109 ★火力169

★瑞鶴甲
3
★制空値167 触接率64.7%
1、瑞鶴甲 53岩本 天山村田 烈風改 彩雲 ★火力170

コンセプト プリセット機能を利用した固定ローテ用編成
1
艦隊のプリセット登録機能に固定することを考えに入れてつくった編成なので
装備枠も固定可能なように天山村田や烈風601、熟練整備員などの数に限りがある
装備を使わずに、現状量産可能で積んでいても問題がなさそうなもので
装備を埋めているのが特徴です。あと旗艦はレベリング駆逐艦枠になっています

★編成
1
★制空値364(鬼鬼+16) 触接率92.3%
1、霞改 ドラム缶 ドラム缶 ドラム缶
レベリング艦枠
2、BismⅢ 主砲 主砲 91式 紫雲
整備員が編成の都合上積めないので、砲撃戦の初撃ので火力不足にならないよう
高速戦艦を入れています
3、赤城改 流星改 流星改 烈風 紫電改 ★火力162
4、加賀改 流星改 流星改 烈風 紫電改 ★火力162
5、Graf改 流星改 紫電改 99江草 彩雲 ★火力164

コモン艦載機しばりだと、回避-3がつく紫電改が大活躍します
99江草も量産可能なので載せていますが彗星一二や流星改でもいいです
6、熊野改 3号砲 晴嵐 3号砲 ドラム缶
ない人は瑞雲12で

★実践結果
駆逐旗艦 装備載せっぱ一航戦 編成 連続20戦結果
※連続20戦のルールはブログの一番最初の記事に載せています
一周あたりの燃費 油-210(+115) 弾-245

ボス撃破率  0.95
平均ボス撃破タイム 4分46秒
撤退、ボス敗北率 0.05(大破撤退1)

全資材消費 油-3443 弾-4817 鋼材-2914 ボーキ-2635
      バケツ-13(赤城-3 熊野-3 ビス子-2 加賀-2 霞-2 Graf-1)
ボスマス1勝に必要な平均資材 油-181.2 弾-253.5 鋼材-153.4 ボーキ-138.7バケツ-0.68

鋼材ボーキバケツタイム修理
1952450950279
29524501600264
32052452071201290赤城
49524501050287
59524501200279
69524501300258
71572451171551292熊野
89524501650283
92812453491701293ビス子
102222452381351295赤城
11加賀大破撤退314162326751加賀
12107245221101302
139524501100268
142002451981601310赤城
152002451971551285Graf
162872453611403316霞、熊野、加賀
172812453491501279ビス子
189524501350280
199524501500290
20165245230951289熊野
小破以下艦修復費169320
合計3443481729142635135439
平均(戦果2.2に必要)181.2253.5153.4138.70.68286

★考察
以前
というのを作ったのですが、今回もそれと同じように艦隊のローテーションを考え
装備を固定できる編成をつくってみました
レベリング枠の駆逐とかグラーフとか入れているので資源効率はずっと劣りますが
まあそんな悪いことはないです。バケツは結構少なく済みますし
2
新しく加わった編成のプリセット機能のおかげで、装備を固定させて複数艦隊まわす
というのはメジャーになりそうですね
プリセット機能の枠はまだ増やしていませんが、3枠でもかなり便利です

★コモン艦載機以外も入れた場合
普段通りのレア艦載機で組んだ場合、こうなります
1
★制空値363(鬼鬼+15) 触接率96.6%
Graf改 ★火力180、射程長
赤城改 ★火力165
加賀改 ★火力165
上との違いはグラーフにレア艦載機を積んで余ったアドバンテージを入れているところです
グラーフがMVPを取り易くなるのと、火力180のグラーフがビス子の後に動くことで
砲撃戦が強くなっています

x

今回は制空値の計算方法と、被撃墜数についての話をします

まず熟練度Maxの艦戦の制空値の計算方法について
制空値=
 (艦戦の対空値) × √(搭載数)+25で出た値の小数点以下を切り捨てた数
となります

たとえば鳳翔にこんな艦載機の積み方をしたとすると
1
14スロ 10(烈風)×√14+25=62.416…→62
16スロ 12(烈風改)×√16+25=73
12スロ 流星改=3(熟練度Maxの艦攻、艦爆は制空値3固定)
鳳翔の制空値=62+73+3=138

これがよく書かれている制空値の計算方法です
実際は面倒くさいので自動で計算してもらいますが、手動で計算すると
このような手順となります
√が計算に入るので9や16、36以外のスロットはどうしても計算結果に
小数点以下の数値がでてきますがこの小数点以下は切り捨てられます
鳳翔の14スロ烈風は制空値62.416…と計算されますが0.416は切り捨てられるわけです

この切り捨て効果がある為、スロットの搭載数に対する制空値は
完全にきれいな対数のグラフを描くわけではなく、少し凸凹したものとなります
グラフで表すと一番上のようになります
プロットしたデータは以下のとおりです。搭載スロット数と制空値の関係が
視覚的にイメージできたでしょうか

対空12対空11対空10対空_8制空確保時の1戦あたり艦戦喪失数
3スロ454442380
4スロ494745410
6スロ545149440
8スロ585653470
9スロ615855490
10スロ625956500
11スロ646158510
12スロ666359520
13スロ686461530
14スロ696662540
16スロ736965570
18スロ757167581機被撃墜 0.11
20スロ787469601機被撃墜 0.33
21スロ797570611機被撃墜 0.33
22スロ817671621機被撃墜 0.44
24スロ837873641機被撃墜 0.56
26スロ868175651機被撃墜 0.67
27スロ878276661機被撃墜 0.67
28スロ888377671機被撃墜 0.67
30スロ908579681機被撃墜 0.78
32スロ928781701機被撃墜 0.89
34スロ948983711機被撃墜 0.89
35スロ959084721機被撃墜 0.78/2機被撃墜 0.11
36スロ979285731機被撃墜 0.78/2機被撃墜 0.11
46スロ1069992791機被撃墜 0.56/2機被撃墜 0.44

さて、制空値の計算などは知っている人も多くいたでしょうが
ここからは少しマニアックな艦戦の被撃墜の計算の話をします
(艦攻、艦爆の被撃墜の話はややこしいので今はしません。艦戦のみの話です)

艦戦の被撃墜の計算方法は艦攻や艦爆よりもシンプルで
制空権の確保状態による割合計算のみです。対空砲火による影響を受けないため
敵側にツ級や駆逐凄姫がいても被撃墜が増えることはありません
これが艦攻と違って艦戦の熟練度が低下しない理由です

被撃墜の割合は制空権確保状態で2.7%(7/256)~5.8%(15/256)です
たとえば飛龍の36スロであれば以下のようになります

引いた乱数と被撃墜数
7/256×36=0.984→被撃墜なし
8/256×36=1.125→被撃墜1機
9/256×36=1.266→被撃墜1機
10/256×36=1.406→被撃墜1機
11/256×36=1.547→被撃墜1機
12/256×36=1.688→被撃墜1機
13/256×36=1.828→被撃墜1機
14/256×36=1.969→被撃墜1機
15/256×36=2.109→被撃墜2機


飛龍の36スロの場合、低い乱数を引けば被撃墜はないが、高い乱数を引けば2機撃墜される
多くの場合はその中間で1機被撃墜という結果になります

ポイントはここでも小数点以下が切り捨てられる計算がとり入れられていることで
たとえば制空権確保中に艦戦を積んだ16スロに最大の乱数である5.8%(15/256)
が掛かったとしましょう。このときの艦戦の被撃墜は0になります
最大の乱数がかかっても0なので、16スロ以下の艦戦は減らないことがわかります

なので空母を置物扱いで艦攻を載せずに16以下のスロットにのみ艦戦を置くという
極端な運用を行えばボーキ0で制空権だけ取り続けることができるわけです
まあそこまでボーキをケチって空母に攻撃もさせないとなると
バケツやらなんやらで別の資源にしわ寄せがくるので実用的とは言えませんが

ちなみに上の表の「制空確保時の1戦あたり艦戦喪失数」は個人的な検証と
推測で並べたもので正しいかはわかりません。あまり信じないでください
そんなにズレてることもないと思いたいのですが・・

以上、わりとどうでもいい豆知識でした

★5-4完全ゼロボーキ編成
x
応用するとこういったボーキを全く消費しない編成をつくることも出来ます
制空権をとり続けてくれるので、いないよりはマシな空母たちです
でも実用的かは怪しいです。気が向いたらゼロボーキも20周まわしてみます

ちょっと長いうんちくです

観測機と紫雲どちらを載せるべきか
2ー5の上ルートみたいに索敵値を要求されるところでは紫雲がいいらしい
というのはよく知られていますが、もう一歩突っ込んで触接率から考えてみます
2

1
まず水上機のステータスの見方ですが、爆装と対潜は無視してください
これらのステータスを使うには航空戦艦や航空巡洋艦に水上機と瑞雲を
ミックスして載せる必要があり、まず意味をもちません
唯一軽巡に載せる場合のみ対潜が意味をもつくらいです

実質的なステータスは以下のものです
紫雲   対空+0 命中+1 索敵+8
観測機  対空+2 命中+2 索敵+6

(注意 水上機の対空は艦戦艦攻瑞雲と違い航空戦に関係のない、
          機銃や電探についている対空と同質のステータスです)

こうして見ると紫雲が索敵で勝るものの、戦闘系のステータスからして
観測機のほうが優秀であることがわかります
じゃあ索敵が足りていればずっと観測機でいいのかというとそういうわけでも無く
紫雲は観測機よりも触接率が高いという効果があり
触接率か戦闘系のステータスのどちらをとるかという選択が
紫雲と観測機の選択基準となります


ここで触接について簡単に解説します
★触接とは(昼戦触接)
水上偵察機、艦上偵察機、大型飛行艇の3種のいずれかを搭載した状態で
航空劣勢以上の状態だと、確率で出現する
右上に触接中! の文字が出現すると触接成功
触接成功後は触接発生に関係のない艦攻を含めた中から1機種が選ばれ
選ばれた機種により112~120%の補正値が航空戦にかけられる
ようするに彩雲とか積んで触接成功って画面にでると空母火力が大きく上がる
3
触接の効果は水上機についている命中+1とかよりもずっと大きなものなので
触接率の上り幅や空母の編成によっては観測機よりも紫雲を載せたほうがいい
展開がしばしばあるのです
では観測機のほうがいいパターンと紫雲のほうがいいパターンを具体的に見せます

★観測機のほうがいいパターン

一つ前の記事の5ー4編成なんかはこちらです
1
こういう編成なんですが、水上観測機を載せている現状でも触接率は93.5%あります
この水上観測機を紫雲に変更することによって触接率は上がり96.3%になります

観測機→紫雲で触接率は2.8%上がるわけです
一方で榛名と比叡はそれぞれ対空-2 命中-1になります

このトレードに価値があるかが観測機と紫雲の選択で考えるべきところです
私は2.8%の上昇があまり効果を示さないこと、もっと大きな理由では
この編成では空母の攻撃力が低いので触接率が上がっても効果が薄いこと
以上の2つから水上観測機のままにすることにしました

★紫雲のほうがいいパターン1
たとえばこんな編成で4ー2カレー洋に東方任務にいくときとかは紫雲がいいと思います
4
羽黒と酒匂の水上観測機を紫雲に積み替えるだけで
触接率が67.7%→90.0%と22.3%も上昇しています
触接率の大幅上昇の理由は空母1編成で彩雲を載せるスペースがなく
元からの触接率が低かったからですね
これだけ上昇してくれるなら対空+2命中+1なんてケチなステータスを
蹴って紫雲を選んでいいと思います

★紫雲のほうがいいパターン2
3ー2ー1 キス島レベリング。こんなパターンも紫雲がおすすめです
2
飛龍に彩雲を積んでいるので、観測機から紫雲に載せかえることによる
触接率の上昇は95.7%→98.9%と3.2%と小さな上昇にとどまりますが
キス島レベリングは開幕雷撃が大事なので
攻撃力が空母への依存によるところが大きく3.2%でも馬鹿にできません
また、赤疲労レベリングをする人は赤疲労水上艦に紫雲を載せることをお薦めします
赤疲労艦でも開幕雷撃の触接率Upという一助を担うことが出来るからです


説明が長い割にどっちを選んでも大差はないと言われればそれまでですが
これが現在の観測機と紫雲の使い分け方になっています

コンセプト 埃かぶってました
2

★編成
1
制空値365 触接率93.5%
1、時津改 ドラム缶 ドラム缶 ドラム缶
レベリング用の駆逐です
2、榛名二 試製46 試製35 観測機 91式
3、比叡二 試製46 試製35 観測機 91式

過去の5ー4の主力です
4、翔鶴甲 53岩本 烈風601 彩雲 天山村田 ★火力177
5、Graf改 烈風601 Fw190 天山村田 Bf109 ★火力150

現代の5ー4の主力ですが、今回は烈風箱です
6、三隈改 ドラム缶 ドラム缶 ドラム缶 ドラム缶
駆逐にドラム缶を3つ積んでいるので主砲主砲瑞雲ドラムで副火力にしてもいいですが
今回は活躍を金剛型に譲り、燃料を集めてもらうことにしました

★実践結果
金剛型×2 低ボーキ 編成 連続20戦結果
※連続20戦のルールはブログの一番最初の記事に載せています
一周あたりの燃費 油-229(+160) 弾-257

ボス撃破率  0.9
平均ボス撃破タイム 5分22秒
撤退、ボス敗北率 0.1(大破撤退2)

全資材消費 油-3835 弾-5053 鋼材-4055 ボーキ-1005
      バケツ-17(Graf-5 翔鶴-4 比叡-3 三隈-2 時津-2 榛名-1)
ボスマス1勝に必要な平均資材 油-213.1 弾-280.7 鋼材-225.3 ボーキ-55.8 バケツ-0.94

鋼材ボーキバケツタイム修理
1198257243701323Graf
2692570650327
3692570450326
4692570600307
58025720201308時津
6三隈大破撤退228170141201三隈
7481257570752330比叡、翔鶴
8692570550319
9174257197551316Graf
10216257276701363翔鶴
11692570300328
12219257282451325榛名
13394257610553326比叡、Graf、三隈
14時津風大破撤退376257416202翔鶴、時津
15692570500314
16165257180451321Graf
17692570600319
18229257264551304翔鶴
19692570450312
20347257523652322比叡、Graf
小破以下艦修復費176333
合計3835505340551005175790
平均(戦果2.2に必要)213.1280.7225.355.80.94322

★考察
一昔前まで艦これの編成のセオリーは空母を烈風箱にして制空権を取り
戦艦の連撃や雷巡の雷撃をダメージソースにするというものでした
5ー4に関してもこれは当てはまり、そのため水上で戦果稼ぎをする人は
カンストして使わなくなった金剛型のセットを持っていることがよくありました

そんなわけで最近使っていなかった金剛型をレベルキャップの解放に合わせて
久しぶりに使ったというのが今回の編成です
空母の攻撃力は砲撃戦を行う最低限のものとし、制空権確保を主目的と考え
ダメージソースを戦艦に期待する昔ながらのやり方です
x
駆逐艦を旗艦に置いてレベリングさせているというハンデを入れても
結果は想像以上に悪かったですね
特にバケツの消費量は金剛型が2体もいるのでもっとマシかと思っていましたが
これも良くなかったです
原因は明らかに開幕火力の不足です。このせいで戦闘が長引いて
被弾するターンが空母を主力とする編成に比べて倍増しています
現在の5-4は戦闘よりも空母だということを再認識しました
3
ちなみに5ー4を20出撃でLv150以降の経験値ゲージは1/5ほど貯まりました
やったあ155になるまでしばらく金剛型を使えるぞ!

と昔ならなるところですが、今の5ー4は空母が主役なのです
久しぶりにやった大鑑巨砲主義の残滓のような編成でした

↑このページのトップヘ