今回のイベントでの効率のいい戦力の割り振りについてクリア後に考えてみました。
個人の感想ですが、まだ編成に悩んでいる方は参考にどうぞ。

まず今回のイベントで最も難しいのがE4の赤ゲージ破壊です
1-6 j
E5は「難しい」じゃなくて「面倒くさい」海域です。難易度ならE4が上です。
E4の為に軽巡、高速戦艦、カットイン駆逐の切り札を持ってきます。どのみちこれらの艦は
E5では思ったよりも居場所がありません。

具体的に言えばE4で「阿武隈」「Iowa」「雪風など」を使います。
また最短ルートで進む場合は、高速軽空母を2用意しておくといいでしょう。
削り時なら高速軽空母×2で優勢がとれます。上の画像はラスダン時で軽空母1にして
航空劣勢からの夜偵発動を狙ったものです。

加えて遠回りになるが強力な艦隊を運用できるルートもあります。今回、E5の戦艦枠は
長門になるのでE4で大和型と正規空母×2を選択できるように残しておくといいかもしれません
今回は長門以外の低速戦艦の出番が少ないのでE4で使っていいかもしれません

1-6 j
次にE5ですが機動部隊で進むことになると思います。ボスマスはクロスロード組
(長門、酒匂、Prinz)さえいれば困ることはありませんが
道中のために主力正規空母×4と、重巡(できれば摩耶)、駆逐艦(対潜、対空重視)
があるといいと思います。雷巡も×2まで入れれます。高速戦艦は使いませんでしたが
使いたい人は高速戦艦を1人残しておいてください。
対潜の高い木曾はソナー爆雷セット+甲標的の組み合わせも可能なので向いています。


続いてE2、3ですが
高雄、愛宕、摩耶、鳥海、妙高、羽黒、祥鳳、瑞穂、神通、嵐&野分、漣&潮、朝潮&荒潮、親潮&黒潮
の史実艦優先で艦隊をつくります。ただし摩耶はE5にとっておいた方がいいかもしれません
さらに二航戦が重要なルート固定を担っています。二航戦はE2、3確定でしょう。
またここに高速軽空母と雷巡が一人ずつ加わるとゲージ破壊で楽になると思います。


最後に残ったE1を考えます。ここで五十鈴や鬼怒を採用してもいいと思います。
鬼怒はE4の輸送作戦でも使えそうな気がしますが、E4の軽巡枠は阿武隈です。
また高速軽空母を一人確保してもいいですがItaliaやRomaなどのパスタ戦艦に
水上戦闘機を積めば、その分だけ先制対潜攻撃枠が増えるのでS勝利が安定します


以上のことから現状の効率の良い割り振りは以下のようになると思います。
(あくまで個人の感想です)
E1  パスタ戦艦×1、鬼怒や五十鈴+その他(E5で使う分を除いた対潜駆逐艦)
      予備戦力として高速軽空母×1(弱いのでいい)
E23蒼龍飛龍+史実艦+雷巡×1(大井あたり?)+高速軽空母×1
      予備戦力として二軍の重巡、駆逐艦(対空艦)
E4 Iowa、阿武隈、魚雷カットイン駆逐艦、高速軽空母1~2
     予備戦力として大和型や低速戦艦、正規空母×2、駆逐艦(対空艦)
E5 長門、Prinz、酒匂、正規空母×4、雷巡1~2、重巡(摩耶推奨)、駆逐艦(対潜、対空)
     予備戦艦として高速戦艦×1、高速軽空母×2(水上部隊用)、大和型(第一の摩耶を第二で)

正規空母、高速軽空母、雷巡がフルで役に立つイベントなので
これらの艦種にだけ気を付けていれば札で積むことはないと思います。