1-5 b
こちらでもFIJ全マスにて秋刀魚を確認しました 
3-3や1-5と比べれば前者のほうが楽でしょうが、同じ場所で秋刀魚をとっていると
露骨に漁獲高が減るので他の海域を混ぜることも大事です
運が良ければ1出撃で秋刀魚を三尾ゲットできます。Jマスで撤退します
基地航空隊は出撃だけで消費が大きいので出しません

1、編成
ルート固定条件から軽巡×1、駆逐×2は決定です
戦艦は許容範囲の×2、加えて重巡を選択しています
制空値はIマスでの優勢を狙っています(69以上)航戦のスロット2つ+αで足りるので
あきつ丸までは不要です。そもそもあきつではJマス夜戦でのS勝利がとれません
1
↑ 水上戦闘機や瑞雲の制空値
1-5 c
あとは夜戦での連撃仕様を保ちつつ、昼戦の火力と秋刀魚漁用の装備のバランスを考えて
編成しています。大淀ではなく夕張を選択している理由は夜戦での火力が高いことに加えて
ソナー+爆雷の1セットで先制対潜攻撃が可能だったからです
対潜装備は1マス目は潜水艦対策と、秋刀魚対策を兼ねています

2、途中撤退戦術


Iマス
1-5 c

Jマス
1-6 j

Iマスは空母が出現して制空値のことを考える必要が
Jマスは夜戦での被害拡大の可能性が、そもそもS勝利を逃がしやすい
という事実があるので

Fマス撤退やIマス撤退も戦術としてあります


続いて、3-1 Cマス Fマスでの秋刀魚漁です
1-5 b
編成は自由です、制空値を220↑程度確保しとけば制空権確保となります
ボスマスには出現せずに外れマスに出現する1-1と同じパターンです
秋刀魚がとれないボスマスに行くと秋刀魚漁の音楽が途絶えるのも1-1同様です
1-5 c
これで制空値は239。余分に確保しすぎですね。あと20近く低くて問題ありません
海域難易度は大したことがないので空母と雷巡で開幕で半壊させる感じで
雷巡はボーキ節約になります。大淀は漁船