2016秋刀魚漁の注意
ソナー、探照灯、見張員が漁業支援装備として有効なことは去年から知られていましたが
爆雷も有効なようです
https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/789426753907269634
>・少し乱暴な手法で海の中にどかーん!
★同一海域での短時間での集中的な漁は効率が悪いようです
https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/789424287106994176

3-3や1-5は漁場として最有力ですが、他海域とのローテーションが効率の良い漁には必要
そうです。もちろんメインは3-3や3-5ですが

1、3-3

1a
ボスマスとボス前で秋刀魚がとれます

基本的には以下のことに注意して
★制空権確保のために250程制空値を稼ぐ
★渦潮対策に電探を2つほど積むといい
かつ
★安定して周回できる範囲で漁業支援装備を積む
につきます。具体的には以下のような感じです
1a
2s
3回目
当たり前ですが、漁業支援装備をたくさん積むと秋刀魚がとれやすくなる一方で
火力不足になります。各々のバランスを探ってください

2、1-5
ボスマスにて秋刀魚をとれます。
先制対潜攻撃実装で去年よりもずっととれやすくなっています
4回目
★先制対潜攻撃艦を2つか3つ並べて空いたところは全部秋刀魚装備
編成は軽巡+駆逐=3 かつ 軽巡は2まで。航戦はちょっと重いですね
1a
先制対潜攻撃可能な対潜100まで上げれたら、駆逐や軽巡の3スロ目は
他の秋刀魚漁装備でもいいと思います(シナジー効果狙い)。
100なければきっちりとソナーを積みましょう
★ルート固定要員として水母or軽空母or航巡orあきつが必要です
上の編成での瑞穂は下記の艦で代替できます
2s
秋津洲は三式や四式ソナーが積めたり、割と使えます