イベントも1週間が経過して情報がだいたい出揃ったのでそれをもとに
効率化した編成です

1、ルートとギミック解除

1-1
能動選択でEを選択します。Eの渦潮は第一艦隊にしか効果がない特殊なものです
渦潮対策の電探も第一艦隊に載せているものしか意味がありません
第二艦隊にとっては潜水マス一つ分だけ優しいルートになります

ギミックに関しては新しい情報を頂いたので紹介します
ギミック解除は海外wikiにてCDHIKの5マスのうち4マスにてS勝利をとることが
正確な条件とのことです。
http://kancolle.wikia.com/wiki/Summer_2016_Event/E-4
Achieve S-Rank on 4 of the following nodes: C, D, H, I, and K. (Only need to do 4 out of 5 nodes).

2、基地航空隊 
基地航空隊をどこに送り込むか目星をつけて、編成を考えます
1-5 a


今回はボスマスにツ級が出現する+二式大艇で1中隊埋まってしまうということもあり
ボスマスへの基地航空隊による攻撃は、大きな効果を期待できないようです

しかしボスマスに基地航空隊を送り込むこと自体は制空権確保ラインを下げるという
大きな役割があります
これには二式大艇×1機+52熟練or601×3機(足りない場合は21熟練)をもって
あたらせます。またボスマスに対してこの部隊は概ね1出撃で必要な敵航空機を
削ってくれるようなので、もう1マスどこかの敵航空機を削る仕事を与えます
具体的にはLマスかMマスかになりますが、Lマスのほうが航空優勢396以上の
敵編成を引く可能性が高いので、Lマスに送り込むことにしました


訂正します。LマスもMマスも航空優勢が396以上になる編成は同じ確率でした
どちらに送ってもいいです。


残りの2航空隊は難所のIマスに送ります。これによってIマスの突破率が大幅に上がります
以上の考えのもとに割り振った基地航空隊は以下のようになりました
1-1
1-5 c
1-1

3、編成
制空値はHマスにて2/3で制空権確保ができる378以上を目安に設定しています
以下の編成で最短ルートを通過できます
第一艦隊は削り、ラスダンともに共通の編成ですが削りなら大和型じゃなくて
長門型でもいいかもしれません、ボスマスでは燃料0で避けませんし
1-1
4スロ目は電探を積むので加賀より飛龍を選択しました

第二艦隊は削りとラスダンで大きく編成が異なります
削りで重要なことはS勝利をとることじゃなくて、ボスマスまで到達することなので
対空カットイン艦を二人用意したり、Prinzの装備を連撃にしたりして安定をはかっています
ラスダンはカットインゲーなので、カットイン艦を並べます

それから第二艦隊の注意点としてビスマルクと速吸は入れないでください
反れます。速吸の場合は反れても補給すればという考えならいいですが
1-2
1-4


実践結果
もうクリアはしましたが、自分の作った編成なので1出撃だけ試してみました

まずIマス。対策もあり余裕をもって抜けられました
メガネは基地航空隊で大破しています
1-5 c

続いて夜戦マス。探照灯を持ったIowaがここでダイソンの通常攻撃で大破
このマスは運ゲーなのでどうしようもありません。穴開けしているので大破進軍
探照灯を誰にのせるかって難しい問題ですね

1a

Lマス。ボスとLへの基地航空隊の分散配置の効果がありました。制空権確保

2a (1)

最後にボスマス。Lに片方送りましたが、しっかり制空権確保できています

2a

昼戦終了。北上の中破が痛いですが、スナイプへの状況は完成しています

3

夜戦

1-5 c

阿武隈がカットイン発動せず、また誰もボスを狙ってくれませんでした。ks運でした
見ての通り、速吸なしは由緒正しきカットインゲーですが、運がよければS勝利もとれます
適切な編成で周回を行えば、そのうちクリアはできます

困ったら速吸を使ってください。本当に強いから