3


雷撃戦(昼戦) 夜戦 命中 回避 装甲
53cm 3 3 2
試製Fat 14 14 7 2
艦首魚雷 15 15 2
艦首魚雷(潜水艦) 16 16 3
三連酸素 8 8 1 1
三連酸素★3 10 9.7 1 1
三連酸素★7 11.1 10.6 1 1
五連酸素 12 12 1
五連酸素★6 14.9 14.4 1
五連酸素★max 15.7 15.1 1
六連酸素 14 14 2
六連酸素★3 16 15.7 2
六連酸素★7 17.1 16.6 2
六連酸素★max 17.7 17.1 2



1、改修による魚雷の性能の向上
√★×a で性能が向上していきます。改修が進むにつれて性能の伸びが悪くなる部分は他と同様ですが
aにあたる係数が雷撃戦(昼戦)と夜戦でそれぞれ違うとされているので「きりがいい」改修値は
戦闘の種類によって異なります(雷撃戦のa=1.2/夜戦のa=1)

魚雷改修による攻撃の上昇値はそれぞれ以下のようになります
雷撃戦(昼戦) 夜戦
★1 1.2 1
★2 1.697 1.414
★3 2.078 1.732
★4 2.4 2
★5 2.683 2.236
★6 2.939 2.449
★7 3.174 2.645
★8 3.394 2.828
★9 3.6 3
★10 3.794 3.162

2、改修をどこまで行うか
たとえば潜水艦に魚雷を二積みする状況を考えてみます
オリョクルのような通常海域のみの使用なら、夜戦はほとんど関係なく
雷撃戦(昼戦)が重要なので魚雷の改修を★3(2.078)や★7(3.174)で揃えると効率がよくなります
単オリョで用いる三連装酸素魚雷などの改修目安になります

一方、ボスマスでの夜戦を含めて考えた場合、★4(2)や★9(3)で改修を揃えたいところですが
実際には素材とネジの制約上★6以降はコストがかかるので★6(2.449)+★7(2.645)=5.094
のように揃えると経済的です。この組み合わせは雷撃戦(昼戦)でもきりが良いので
お勧めです★6(2.939)+★7(3.162)=6.101
このように別々の改修値の魚雷を組み合わせるパターンはいくつかあります
小数点部分も足し合わせて使えればいいのです

スロット1 スロット2 スロット3
夜戦攻撃5上昇 ★6(2.449) ★7(2.645)
夜戦攻撃7上昇 ★5(2.236) ★6(2.449) ★6(2.449)
夜戦攻撃8上昇 ★7(2.645) ★7(2.645) ★8(2.828)
夜戦攻撃9上昇 ★8(2.828) ★10(3.162) ★10(3.162)
昼雷撃戦4上昇 ★2(1.697) ★4(2.4)
昼雷撃戦5上昇 ★4(2.4) ★5(2.683)
昼雷撃戦6上昇 ★6(2.939) ★7(3.174)
昼雷撃戦7上昇 ★8(3.394) ★10(3.794)

といっても毎回計算するのは面倒なので★6★7の組み合わせを知っておくくらいで十分です

3、六連装酸素魚雷使いどころ
上の表を見てのとおり改修が可能になった六連装酸素魚雷は★3にて
今まで最強だった五連装酸素魚雷★Maxを超す最強の水上艦用の魚雷となりました
用途として一つ挙げるなら通常艦隊での、魚雷カットイン仕様雪風への搭載もそうです

雪風は、運こそ高いものの火力や雷装には平凡なところがあり五連酸素魚雷×3で
夜戦キャップに到達出来ずに夕立や島風、綾波などに与ダメージ差を空けられている部分がありました
防空棲姫などを仮想敵に考えた場合、下の画像の左側が従来の島風と雪風の火力差です
(五連装酸素魚雷★6×3本積み)
で、右側がこれを(六連装酸素魚雷★6×2+五連装酸素魚雷★6)に置き換えた場合です
1-5 b
雪風の与ダメージに増加が見られます
一方で島風は置き換えてもダメージに変化はありません、
元から夜戦キャップに届く艦だったので当然ですね。
同様に、北上大井妙高夕立などの元から魚雷カットインで夜戦キャップに届いた艦の
五連装酸素魚雷を六連装酸素魚雷に入れ替えてもあまり意味はありません
雪風のように高い運を持ちながら夜戦キャップまで届かなかったキャラにとってこそ
有効な装備です

さらに改修を進めてこの雪風を六連装酸素魚雷★9×3装備と仮定すると
夕立や島風のような高火力駆逐と同等の魚雷カットインダメージが出ます。

問題は入手手段とネジ消費ですね
ネジに関しては運営も利益を出さなければいけないという前提上
改修可能な速度を上回るペースで新規装備改修を追加してくるはずです
全ての改修についていこうと考えた場合、ネジ課金が必須になるので
改修を割り切って無視することも大事です
一つの目安である★3まで改修するにもネジを15本消費します
16inchの改修よりはマシですが