実用性を最大限にまで高めました

これはボケーっとしていて20分間以上艦これを放置していたりする時に
後出しで艦を修理する方法です。事前の準備は一切不要です

放置していなくても、明石タイマーが内部で20分以上の状態なら
使えます。今のあなたは使える状態かもしれません試してみてください

①まずボケーっとしていて明石修理しようかなと突然考えます
3
②編成画面に飛んで
旗艦を解体もしくは改修していい艦、その次から明石修理編成にします
この技で明石が修理できる艦は4体までです
3
③プリセット機能を使って艦隊編成を登録します
3
④その後、先ほどの旗艦(磯波)を解体か改修します
第一艦隊では旗艦の解体や改修ができないので随伴艦に下げてやってください
この時かわりの旗艦として明石を置くことは禁止です。明石以外ならなんでもいいので
間に合わせの旗艦(秘書艦)にしてください
3
4
⑤プリセット登録した先程の艦隊を呼び出します。この時、先程の旗艦(磯波)は存在せず
旗艦は明石になっています。除外艦を除いて編成を展開させます
3
⑥修理艦隊を展開できました。母港→編成と戻ってみましょう
3
4
成功です


いつこの技が使えるのか?
明石タイマーが20分以上ならいつでも使えますが具体的には以下になります
・編成画面での20分以上放置(操作を誤らなければ間違いなく使えます)
・母港画面での20分以上放置(母港を再読み込みせずに編成画面に行ければ
使えます。問題は遠征の帰投です。遠征帰投で再読み込みになったら失敗)
・通常にプレイした状態で明石タイマーが20分以上になっている
もしくは19分くらいで上の作業中に20分になるパターン
明石タイマーは通常プレイなら20分以降に母港画面を読み込む度にリセットされます
リセットされた後は再び動き始めているので明石の使用不使用問わずに
明石タイマーはいつも動き続けています

操作ミスの起こり方
以下のことには気を付けて下さい。条件が整っていても失敗します
・修理艦隊が編成されていない状態での母港画面へ戻る一切の行為
(任務画面、遠征回収、艦これ再起動)
・明石をプリセット以外で旗艦にすること、もしくは修理艦隊を呼び出した
後に編成を動かすこと

どういう意味の技なのか
明石タイマーの時間は前もって明石を旗艦においたりして貯めるものではなく
ゲームのプレイ状況で勝手に増えたり減っていたりするものと認識をかえます
ただし、この認識の使い方と事前のプリセット登録は矛盾するものがあります
結局、事前にプリセット登録する形の使い方は煩雑な時間制御が必要で
それが明石バグを使いにくくしていました
なので完全な後出しで修理艦隊を組めるようにしたいという考えのもとに
この技を組みました。
「プリセット編成」の出し入れは明石タイマーのリセットにならないことと
「解体、改修」による艦の消去時の登録編成の並び巡の繰り上がり
という2つの仕様を組み合わせて後出しジャンケンを可能にしています
以前の記事では第二艦隊以降が必要だったので遠征にでていた場合の
ことを考えると実用性が今一つでしたが、今回は第一艦隊のみでもokなので
いつでも使える技になっています