基本編のつづきです

さらに詳しく見ていきます。前編で強調した
★明石タイマーが20分を越していること
★明石旗艦にて修理艦を並べた艦隊が存在していること

この2点を強引に、変則的に成立させることだけを考えてください
明石バグで何が出来て何が出来ないかが理解できます

1、複数明石修理
明石を複数使った場合の話です。注意すべきは
明石が複数でも明石タイマーは1つ。共有されている
という事実です。具体的に説明すると以下のようになっています
3
まず第一艦隊で明石-修理艦という編成を1:00に組んだとします
この時から明石タイマーが開始するので、母港に戻って修理がされるのは1:20になります
ここで複数明石を使ってみましょう。2人目の明石を旗艦に配置した修理艦隊を
1:10に第三艦隊に配置したとします
4
すると、明石タイマーは共有なので、ここで再リセットされてしまい
本来ならば1:20に始まる第一艦隊の修理が1:20に行われなくなります
そのかわりに、1:30に母港に戻ると第一艦隊、第三艦隊両方の修理が行われます

まとめると
・明石タイマーは複数明石で共有
  →複数明石使用時は明石タイマー最終リセット時のみに注意
・明石旗艦の修理艦隊が複数の場合でも母港に戻れば、一様に修理が行われる

この性質を利用することで以下のようなことが明石バグで出来ます

1、準備
3
4
まず二人の(私は明石2人なので。複数いる場合は最大4明石までこれが出来ます)
明石で二種類の修理艦隊編成を組んでプリセット登録しておきます

2、明石タイマー開始
第二~四艦隊は通常時、遠征で潰れていると思いますが20分後に明石を使えればいいのです
20分以内に明石を使用する艦隊が遠征から帰ることを確認します
3
明石タイマー始動には遠征の残り時間が19分になったあたりがいいでしょう
(残り20分でも実際には50秒ほどはやく引きずり出せるので可能だが少し忙しい)
3
以上を確認した後、どの艦隊にどの明石を置いてもいいです
明石を旗艦に設置して明石タイマーを作動、その後別艦隊にて置き換えて
(この場合はプリセットで置き換えるならタイマーリセットなし
プリセット以外で置き換えるなら明石を別艦娘で置き換えた時点で再リセット
数秒ほどタイマーに差がでます。特殊な状態でなければどちらでもいいです )
後は時間まで好きにやりましょう

3、明石を使う艦隊の遠征を20分以内に回収
3
時間がきたら明石タイマーが20分に達する前に遠征を回収します
じゃないと第一艦隊の明石しか使えなくなります

(遠征回収には母港に戻る必要があり、20分以降はそれでタイマーがリセットされる)

4、編成画面で修理艦隊の準備
事前にプリセット登録していた二つの修理艦隊を、プリセット機能を使って
第一艦隊と、先ほど帰還した遠征艦隊に配置します
3
4

5、母港に戻って修理完了
で、その後明石タイマーが20分を越したら
母港に行って→編成画面に戻って確認してみましょう
3
4
どちらの艦隊も両方修理されていますね。成功です
これが明石バグ応用例の一つです
時間管理が面倒ですが、長距離と組み合わせてやり続ければ艦隊を明石に取られずに
35分おきごとくらいに10艦ずつ修理していけます(要パーフェクト明石2体)
もっといいのは警備任務との組み合わせで、これは明石修理の20分と
遠征時間が20分間であることが完全にマッチしています
第一艦隊でも明石バグを使い続けるのは忙しいですが、
何らかの作業をしながら画面で艦これを出している場合などは第一艦隊=明石旗艦放置
第二艦隊=遠征から帰港する度に遠征艦隊に2人目の明石を呼んで
修理してから再び遠征に行ってもらうという繰り返しもなかなかいいです

ちなみに上で紹介した長距離しながらの二重明石修理はタイムラインで表すと下の繰り返しになります
3
実際にやってみないと判りにくいと思います
明石バグの実用性が今一つの理由は少し複雑だからでしょう
馴れたらアドリブである程度のことが出来るようになります

2、事前プリセットなし任意艦修理

この記事の方法をさらに改善して第一艦隊のみで後出し可能にしました


今まで説明したことから、
明石の修理艦隊は明石タイマーを作動させる前にプリセット登録をしておく必要がある
ということが分かったと思います
明石旗艦艦隊は新規の組み合わせを作ろうと考えた場合、その作成過程で
明石タイマーを再リセットさせてしまうからです
随伴艦に一旦明石を置いた上での旗艦とのドラッグ&ドロップによる交代も
明石タイマーをリセットさせてしまいます。しかし裏道がありました。解体と改修です
3
まず第二~四艦隊(第一艦隊は無理)で行います
旗艦を解体や改修してもいい艦にして、その後を通常の明石修理編成にします
その後旗艦のみを解体または改修して消去します
3
4
すると最大修理人数が4人になりますが、任意の艦を並べた明石編成を
明石タイマーリセットなしでつくることができます
解体や改修の結果で、明石が旗艦になっただけなので明石タイマーの
リセットルールには引っ掛かりません。セーフです
もちろんこれから右下の空欄に修理艦を継ぎ足そうと考えたりしてはいけません
タイマーリセットとなります
この技が第一艦隊で使えないのは秘書艦を解体や改修で消すことができないからです
第一艦隊での修理で、このような後出し修理編成を使いたい場合は
たとえば遠征から帰港した艦隊の枠を一時的に借りて、この編成を作った後に
プリセット登録して、それを第一艦隊で呼び出す必要があります
そうすれば、第一艦隊でもその時に修理したい艦を選んで修理させることが
可能です。少し面倒ですが

★明石タイマーのリセット条件
・編成画面でプリセット機能を使わずに明石を旗艦に配置、ないしは移動
・明石が旗艦に配置された状態での随伴艦の変更、追加、移動
(装備変更は問題なし明石の修理施設も最初は無搭載で、母港に帰港する直前に
載せればそれでok)
・明石タイマーが20分以降に母港を開く
(20分以降の艦これ再起動、遠征の回収、任務画面への移行は注意)

3、好きな艦で放置中に明石修理
これはニコニコ動画でとっくの前に紹介している人がいるので詳しくは書きませんが
面倒くさくないので実用的?かもしれませんね。正直、明石は便利ですが
他の結婚艦とかを単艦放置で置いておければその方がいいですし

①明石旗艦の修理艦隊をプリセット登録
②好きな艦を旗艦に置いて、寝たり、外出する。PCの電源は付けっぱなし
艦これには常にログイン状態(タブレットとかのほうが良さそうですね)
③寝る、起きる
④母港画面や任務画面に行かずに真っ直ぐ編成画面に向かう
⑤プリセット機能で修理艦隊を出して母港へ
遠征任務3回任務をやりたければ、任務→母港