5-4水上編成研究室

そのための右手 幌筵泊地所属

U511、401、26、まるゆと潜水艦の宝庫のIマス堀りです
ほか、瑞穂や明石もドロップします
1-5 c
訂正 上の画像のC→Gです
ゲージ破壊後のE1 Iマス堀りですが、
現在のところ三隈、木曽、五十鈴、Bep、朝霜、初月で10/10でG→D固定が出来ています
編成としては航巡1軽巡1雷巡1駆逐3です
周回してみたところこの編成でも特に困ることはありませんでした。楽に周回できます
他数パターンの編成でもゲージ破壊後のG→D固定?が可能かと思われます

1、編成例(航1雷1軽1駆3)
1-5 c
現段階ではE3も開いていないので、札のことを考え軽巡枠は五十鈴にしていますが
阿武隈を投入出来るのならそれに越したことはありません。
1-6 j

2、基地航空隊
戦術としては2つに分かれると思います。それぞれのメリットデメリットは以下の通りです

1、Bマスに集中する
1-5 c
○道中が安定する
×Iマスで水雷戦隊が夜まで残りやすい

2、BマスとIマスに分散させる
1-5 c
×Bマスで雷撃を食らいやすい
○Iマスが昼戦でおわりやすい

お好みで好きな方をどうぞ
いずれにせ敵は空母なしの水雷戦隊なので航空機は流星改×4で十分だと思います
一度に出せる航空隊は一隊までなので、本格的に掘る場合は、基地航空隊を2セット
用意して
ローテーションさせると疲労対策になるでしょう

3、Iマス(潜水棲姫マス)
1-5 c
潜水棲姫と言えば、装甲が固いイメージがありますが、Iマスの潜水棲姫は弱いやつです。
伊26堀りで闘った潜水棲姫よりもずっと弱く、10/10で先制対潜攻撃×4のみで潜水棲姫を
含む敵潜水艦の開幕殲滅が可能でした
むしろ注意すべきは潜水艦以外の水雷戦隊で、基地航空隊をBマスに集中させた場合は、
かなりの確率で夜戦まで残ります。
初月を対空カットイン装備にして6番目に置いたのは夜戦での主砲連撃も考えてです

とりあえず暫定攻略です

E2攻略条件
・TP(輸送ゲージ)を削りきること
以上です

旗艦撃破は条件に含まれないので、海域攻略にボス撃破は不要です
ただし、B勝利ではゲージは削れません。ゲージ削りにはA勝利以上が要求されます

海域出撃時の編成でS勝利をとったらゲージが削りきれる段階に突入するとボスが
ラスダン編成になります。
1-5 c
この状態でS勝利を確保するか、予めゲージがあと少しの状態にまでしておいてA勝利を
とれば海域攻略となります。S勝利はなしでもA勝利を刻んでいけば攻略可能です。

今回はTPが削りやすく、固定艦もある輸送連合による上ルートを使用してみました
1-5 c
削り時はずっと道中3戦でしたが、ボスがラスダン編成に突入するとHマスを挟んだ迂回
ルートを通りだしました。たまたまかどうかはわかりませんが。
追記 TPが125-127程度で迂回ルートになるという情報を見ました
ラスダンかどうかではなく残TPで迂回ルートが挟まるのかもしれません

1-5 c

輸送連合ゲージ削り編成 第一艦隊==========

★コンセプト
ボスマスA勝利狙い(TPは下画像編成でA勝利111S勝利159削れる)
一応新艦はA勝利でも出現しますが、堀りの時はS勝利が欲しくなるので
掘りに向いた編成ではありません。あくまでも攻略用の編成です

★ルート固定艦
上ルート固定編成が発見されており、これを採用しています
固定条件は現状定かではありませんが、
5駆(神風型)から2体+22駆(皐月水無月文月長月)から1体の合計3人が
第一艦隊と第二艦隊に分散して存在?が最も安定して報告としてあがっています。
5駆1体でのルート固定も聞きましたが条件はわかりませんでした。
私の下の編成では5駆を1人にすると反れました
追記 今のところ神風型が1人+2p、22駆が1人+1pで甲作戦は合計5p以上で固定
という説が矛盾ないかんじですね


★航戦か航巡
第一艦隊は駆逐艦×4+航戦or航巡2となります
ルート固定艦以外の駆逐は対空艦もしくは、大発搭載駆逐が第一選択となります。
札との兼ね合いを考えて選択してください。
個人的には霞改二が司令部施設+大発を積めるのでお勧めです
問題は残りの2艦を航巡と航戦もしくはその他の選択肢のどれから選ぶかです。
航戦、航巡のメリットデメリットは以下になります

航戦→火力が期待でき、頑丈だが高速化のために穴開けがポイントになる
    穴開けをした状態でも実質的に3スロになるので航巡より装備の融通さは劣る
航巡→穴開け不要。装備欄の枠数から司令部要員も積みやすいが火力耐久に劣る

★制空値調整
敵制空値の情報がまだないので適当に拮抗調整にしています。
この編成と基地航空隊でボスマスで連撃を食らうようなことはありませんでした

1-5 c
★航戦ではなく航巡を使用した場合の編成例
1-5 c
航戦と航巡を入れ替えたりした場合の例です
これは航戦航巡どちらにでも言えることですが、今回は第一艦隊の弾着は捨てています
道中は第二艦隊から砲撃戦が始まり、第一艦隊の火力が第二艦隊に比べて重要ではない
こと(特にIマス)と、ヲ改マス、ボスマスでの優勢確保が難しいことが理由です。
1-5 c
また航戦や航巡の片方を水母にする選択肢もあります。火力や耐久は落ちるものの
より制空値を稼げます。コマちゃんも航戦同様に高速化して使います。
航戦+航巡+水母で2枠分、艦隊の状態に合わせて選択してください

輸送連合ゲージ削り編成 第二艦隊==========


★コンセプト
同じ編成を使用してゲージ破壊まで狙えるように、第二艦隊の駆逐艦にはカットイン艦を
あらかじめ配備しておきました。削り時はドラム缶係です

★重巡(航巡)枠2について
下の画像では航巡を用いています。ドラム缶も積めるので選択したわけですが
結局、ドラム缶は途中で積まなくなったので、普通の重巡でもよかったと思います。
航巡からドラム缶を降ろした理由は、道中のIマスJマスがそれなりに厳しい敵編成で
輸送連合のシステム上、第二艦隊から砲撃戦が始まり事故が起こりやすいからです
航巡のドラム缶でせこくTPを稼ぐよりも、火力に振って安定させたほうがいいと判断しました
摩耶の2人目がいる場合は積極的に選択してもいいと思います(航空戦それなりに厳しい)

★軽巡枠
阿武隈が2人いるのなら、迷わず阿武隈でしょう。削りだけなら鬼怒でもいいです

★第二艦隊は航空戦に参加するか?
前イベにおいては「敵も連合艦隊の時のみ参加する」となっています
今回ではボスマスがそれに該当します。なので第二艦隊の瑞雲や水戦もボスマスでは
働いてくれていると考えられます。
ドラム缶以外の重巡に対する航巡のメリットも活かそうと思えば活かすことができます。
(私はそこまでつめずにクリアしました)
頑張ればボスマス優勢を狙えるのではないでしょうか。優勢になれば夜偵も飛びます

1-5 c

ラスダン突入時===================
大発やらドラム缶を除いて攻撃用にカットイン魚雷や防空用の秋月砲をのせます
装備を変更するだけでいけるはずです。
ただし、TPの減り具合には気を付けて下さい。大量にTPが残った状態(たとえば90)
からラスダン編成にしてしまうと、S勝利でもゲージが削りきれないことになります

TPは40くらいまでは減らしておいたほうがいいと思います

基地航空隊====================

1-5 c
敵制空値がわからないのでテキトーです。ボスマスに集中して送り込みました
航空隊は1隊ずつしか送れないので第一航空隊と第二航空隊で2セット編成をつくり
疲労対策でローテさせました。ボスマスまでは6マスっぽいので52型が届きます

支援艦隊
フル支援推奨です。道中は全キラ、ボスは旗艦のみキラにしました。
支援艦隊の組み方は下のページをみてください。
http://5-4.blog.jp/archives/cat_1210232.html

とりあえず暫定的な攻略です

港マスまで複数回行ってTPを100削る→マップに新ルート追加→港マスまでもう一度行く
以上で攻略できます。難易度は低く水上編成、潜水編成のどちらでも攻略できますが
簡単な潜水編成を選択しています。
掘りなどでIマス潜水棲姫S勝利などを考える場合は、水上編成が必要です
とりあえずクリアだけならお手軽に潜水×6です

ゲージ破壊でルートが変更されるので掘を考えるとしばらく様子見をしたほうが
賢明かもしれません


1、TP削り時
1 akitsupng
All潜水のほうがルートが短く、TP削りも大きいです

2、TP削り後
1 akitsupng
LマスとMマスが追加されます。
潜水6で攻略しましたが、その場合には上のように迂回ルートを通るようになりました
港マスまではもう一度たどり着くだけでいいので少々遠回りになってもごり押しはできます

★編成(潜水6)
1-6 j
TPはこれで26削れます。水上艦中心の潜水1水上5ではTPは9しか削れませんでした。
潜水のほうが削れる?特二式内火艇★max×2を追加してもTPに変化は見られませんでした
瑞雲系などだと数値が増えるようです

★基地航空隊
1-6 j
潜水編成で基地航空隊を送る場合はBマスに集中がいいでしょう
敵編成は単縦ですが水雷戦隊で撤退要因となります。
敵空母はいません(飛んでいるのは敵水上偵察機)。コストの安い流星改×4を選択します

ただしこれはTP削り時の最適解なのでゲージ破壊後にLマス→Mマスと通る場合には
再考の余地があります。

↑このページのトップヘ